読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

イロモノゲームと侮るなかれ!かなり楽しめる「Ace of Seafood」プレイ感想

ゲーム

f:id:bto365:20170218165052j:plain

オープンワールドなアクションシューティングゲームAce of Seafoodをプレイしてみました。

Ace of Seafoodってどんなゲーム?

人類が滅亡した世界で、独自の進化を遂げた海洋生物は光線などを自由に操る能力を手に入れておりました。

手にした能力で、繁栄を手に入れるためナワバリを拡大し多くの仲間を手に入れるシューティングアクションゲームです。

Ace of Seafoodをプレイするには?

CPUはCore 2 Duo 2GHz以上、メモリは1GB以上、GPUはGTX400シリーズ以上となっておりますので、GPUを搭載した標準的なゲーミングPCであればプレイ可能です。

Ace of Seafoodの評価

f:id:bto365:20170218165103j:plain

Ace of Seafoodの良いところ

  • 見た目は海産物だが、しっかりと楽しめるゲーム性
  • 戦略性も十分にある
  • イロモノゲームだが気づけば真面目にプレイしている自分がいる没頭できるゲーム性

Ace of Seafoodの悪いところ

  • カメラワークが悪い
  • 敵にビームなどが当たりづらい

総合感想

f:id:bto365:20170218165112j:plain

イロモノゲームなのかな?と軽い気持ちプレイすると思わず引き込まれるほどゲーム性が楽しいです。気づけばMAPを練り泳ぎ、新しい敵を見つけては勝負を挑みつつトライ&エラーを繰り返しながら探索が楽しい海洋生物シューティングゲームです。

海洋生物には様々な特性があり、自分だけの魚群(チーム)編成に試行錯誤し、新しい海洋生物の遺伝子を取得し、生産できる喜びを得て、更に強い魚群にするために、ナワバリを拡大するということを繰り返してしまいます。

 

f:id:bto365:20170218165121j:plain

海洋生物といいつつ潜水艦が出てきたりと、結構面白設定なので『ナンダコリャ』と笑いも得つつ、中身はしっかりと真面目にプレイできるゲームなので、ゲームをプレイする快感はしっかりと抑えられていると思います。

ただ、カメラワークは悪く見づらいので、レーダー的なMAPの表示に高低差が示されないこともあわさって、若干MAPで迷うこともあります。

 

f:id:bto365:20170218165133j:plain

また、シューティングゲームなのに、敵海洋生物に光線などが当たりづらい、とくにホーミング性能が悪く感じました。しかししっかりと狙いをつけることができれば直線弾道は当たるようになるので、シューター的に向上を楽しめます。

オープンワールド特有の探索の楽しさはしっかりと味わえると思います。行ったことがないからココに行ってみようと軽い気持ちで行った先で、気軽に喧嘩を売った海洋生物にコテンパンに返り討ちにされるのも醍醐味のひとつだと思います。

 

f:id:bto365:20170218165143j:plain

そういったトライ&エラーもしっかり味わえ、リトライも短時間でできますし、ストレスは少なく楽しめると思いました。

私はSteamのセールで購入したので、思わぬ拾い物をしたと思えます。もし興味がある方がいらっしゃったら、バンドルなども組まれていることも多いので、是非セールで購入してみることをオススメします。

SSDのデータ消去と機能回復に使いたい「Secure Erase」

ソフトウェア

SSDを長期間使っているとデータの読み書き速度が低下してきます。SSD内のデータを完全に消去すれば、この読み書き速度の低下はSSD購入時の速度に戻すことができるのです。

Secure Eraseって何?

Secure Eraseは直訳すると安全な削除となります。通常のデータ消去であればSSDなどではデータの書き込み回数上限があるため、同じ箇所に書き込みが集中しないようにいろいろな場所にデータを平均化して書き込んでおります。

その機能が働き、通常のデータ消去では完全にデータが消去しきれない場合があります。

しかし、Secure Eraseであれば全てのメモリ内のデータを消去することができ、SSD内をまっさらな状態にすることが可能となります。

Secure Eraseを行うには?

intel製など、最初からSecure Eraseの機能を備えているものであれば、Intel SSD Toolboxを起動して、Secure Eraseを選択すれば良いのです。

注意点としてSecure EraseするSSDはメインのものは行えませんので、OSなどをインストールしているメインSSDをSecure Eraseしたい場合は別のSSDかHDDに内容をコピーした後にSecure Eraseするようになります。

他の方法ではSecure Eraseできるフリーソフトなどを使うことで可能となります。今回紹介するのはTxBENCH(http://www.texim.jp/download.html#txbench)というソフトです。

TxBENCHの使用についてはLINK先のHPにてテクシム ソフトウェア使用許諾契約書をよく読んでお使いください。

使用方法は簡単で、TxBENCHを起動し【データ消去】を選択してSecure Eraseしたいドライブを選択してSecure Eraseを実行するのみとなります。

稀にSecure Erase後にパスロックがかかってしまう状態になってしまうようですが、解決方法などもTxBENCH(http://www.texim.jp/download.html#txbench)で紹介されております。

基本的にこのソフトの使用は『自己責任』であるので、壊れても文句は言えません。フリーソフトですし。

時間がかかるから、やっぱり途中でキャンセルなどということをしてしまうと不具合が起こりやすいようです。時間のあるときに行いましょう。

データの完全消去なので

SSDの売却や譲渡などにも使えそうです。私は過去のHDDやSSDを外部に譲渡や売却などは怖くて考えられませんが、通常のデータ消去よりは信頼がおけそうです。

www.bto365.net

私だったら、よほど信用のある人への譲渡か、物理的に破壊しますけどね。データ復元の技術がある以上念には念を入れてしまいます。

しかし、Secure Eraseを使用すれば遅くなってきたSSDの機能回復に役立つということで、今後SSDがまた安価になってきたらメインとすげかえて、今メインで使っているSSDをクリーンアップするのに使用したいと思います。

The Beggar's Ride プレイ感想

ゲーム

f:id:bto365:20170218163610j:plain

おじいちゃんが活躍する2D横スクロールアクションパズルゲームThe Beggar's Rideをプレイしてみました。

The Beggar's Rideってどんなゲーム?

過去は英雄だったおじいちゃんが、神の力が使える仮面を発見し、その仮面の力を使いパズル要素のあるステージを解きつつ旅する横スクロールアクションゲームです。

The Beggar's Rideをプレイするには?

CPUはCore 2 Duo 1.8Ghz以上、メモリは4GB以上、GPUはVRAM1024MB以上ということで、ローエンド、ミドルエンドクラスのゲーミングPCがあると良いと思います。

The Beggar's Rideの評価

f:id:bto365:20170218163622j:plain

The Beggar's Rideの良いところ

  • パズル要素が面白い
  • グラフィックが綺麗

The Beggar's Rideの悪いところ

  • おじいちゃんが強いのか弱いのかわからない
  • 日本語には対応していない
  • 操作性はややもっさりしている

総合感想

f:id:bto365:20170218163632j:plain

おじいちゃんを操る2D横スクロールアクションパズルゲームです。様々な神の奇跡を発動させ、ステージギミックの謎を解くアクションパズルゲームです。

仮面が増えるにつれ、できることが増えていくので、パズルも複数の仮面を使用するステージなどが増え、難解になります。雲を操り雨雲を生成したり、ステージの重力を左右に傾けさたりなど、なかなかに面白いです。

しかし、パズルは失敗したら最初からやり直せるパズルリセットが可能です。(まだ修正がきくうちはリセット表示されません。)

 

f:id:bto365:20170218163646j:plain

アクション要素が必要になるパズルもあり、なかなかにやりごたえがあり、多様性もあって楽しめます。中には時間がかかってしまうものがありますが、そこまで待たされるものもありません。

あと、主人公がおじいちゃんなので、あまり無理はききません。動きももっさりしてますし、段差を掴んで登りますが、この動作も遅いです。しかも動く物などに掴まれず、ステージ中のブランコのようなギミックにはしがみつけずに落下してしまいます。

ここのところがちょっとストレスになります。しかし軽快なアクションではなくパズル重視で行けばそれも仕方ないのかもしれません。

 

f:id:bto365:20170218163659j:plain

おじいちゃんとしては十分に屈強ではありますが、アクションゲームのヒーローとしては、不十分な弱さだと思います。敵や障害物に触れると即死ですので、ファミコン世代のゲームを思い出します。

グラフィックやパズルはしっかりデキが良いので、パズルゲームを主として購入すれば楽しめると思います。あとは局所では虚弱なおじいちゃんの操り方次第だと思います。

フルプライスだとちょっと首を傾げますが、セール中に購入すれば十分に満足を得られるゲームだと思います。

Shadow Blade: Reload プレイ感想

ゲーム

 

f:id:bto365:20170218163147j:plain

忍者アクションゲームShadow Blade: Reloadをプレイしてみました。

Shadow Blade: Reloadってどんなゲーム?

横スクロールの2D忍者アクションゲームです。忍ばずにバッタバッタと敵を斬り倒しステージを突破していく系統の爽快感溢れるゲームとなっております。

Shadow Blade: Reloadをプレイするには?

CPUはCor2 Duo以上、メモリは1GB以上、グラフィックカードについても言及はなく、ロースペックのPCでも楽しめるものとなっているようです。

Shadow Blade: Reloadの評価

f:id:bto365:20170218163338j:plain

Shadow Blade: Reloadのの良いところ

  • 敵をバッタバッタと切り倒す爽快アクション
  • 操作方法も簡略化されていて操作しやすい

Shadow Blade: Reloadの悪いところ

  • キャラクターが小さくやや見づらいことも
  • 評価ランクを上げようとすると難易度が上がる
  • 日本語対応はしていない

総合感想

f:id:bto365:20170218163352j:plain

忍者ゲームは多数ありますが、こちらは忍ばない方の忍者ゲームです。ステルスアクションではなく、昔ながらの2Dアクションゲームです。

しかし、敵の頭上からや背後の攻撃は一撃必殺になるため、敵に見つからない戦いなども行うことはできますが、ステージ上そういった機会は少ないです。

 

f:id:bto365:20170218163406j:plain

基本的に頭上からの落下攻撃がメインとなり敵を倒すようになると思います。(こちらも一撃必殺)二段ジャンプ+空中ダッシュもできるため、軽快な移動が可能なため敵の頭上に素早く移り落下攻撃で一撃必殺!と決まるとかなり気分爽快です。

ただ、敵の体力も弱ければ、プレイヤーが操る主人公も虚弱でありまして、接近戦で押される程度でしたら体力ゲージが減る程度で済みますが、基本的に敵の斬撃や銃撃などにも一撃でやられてしまいます。

 

f:id:bto365:20170218163423j:plain

やられてもリトライポイントからすぐにやりなおしが可能なのですが、1度でもやられるとスコアが下がるため、ステージ評価に拘る人はメニューからステージの最初からやり直しを選ばざるを得なくなります。(縛りプレイになるので自己責任です。)

また、ステージ中に散らばる【黒】と書かれた文字を取るとスコアアップするのですが、こちらも取得にはそれなりに複雑な操作を瞬時に行える腕が求められるために上級者向きとなっております。

難易度はノーマルから選択でき、ノーマルであれば、そこまで難しい難易度ではありません。アクションゲームが下手な人は、スナイパーや誘導弾を撃つ敵にちょっと苦戦を強いられるかもしれません。

威力は弱いですが手裏剣も投げられます。手裏剣は結構画面から見えなくなっても判定が残っているので、とりあえず手裏剣を投げておいて敵を倒しておくのも常套手段だと思います。

 

f:id:bto365:20170218163433j:plain

1ステージは上手に進行すれば、短時間で終わるため、かなりサクサクと遊べるゲームだと思います。(難しい箇所にハマると長くなります。)逃げた敵がイチイチ待ってくれたりと、難しい中にもなんだか敵の優しさ?が見えてホッコリもします。

また、ステージ毎にはさまれるアメコミ調のストーリーがなかなかに秀逸で、ステージクリア後の楽しみにもなりモチベーションを上げてくれます。

爽快な忍者アクションが楽しみたい人であれば、かなり楽しめる忍者アクションゲームだと思います。

Steam Linkを使用して寝ながらパソコンゲームの環境を構築してみました

雑多

Steam Linkを使用して、寝ながらパソコンゲームできる環境を構築してみました。

構築するにあたって使用したもの

まず、寝ながらパソコンゲーム環境を構築するために使用したもの準備したものを紹介いたします。

モニター(Elecrow 11.6インチディスプレイ モニター)

11.6インチのモニターHDMIポートも1ポート搭載しております。バッテリーを搭載しているわけでないのでモバイルモニターではありません。

また、発色は悪いわけではないですが、あまりクッキリまで行かないくらいです。購入時の価格で1万3千円はやや高価かな?という印象です。

スピーカーもいまひとつなので、ヘッドフォンかスピーカー必須だと思います。

Elecrow 11.6インチディスプレイ モニター

アーム(Arjanフレキシブルアームスタンド二段式)

稼動部分が非常に硬く、融通がきかないわりには、振動はするという簡易アームとしては欠点ありまくりの品でした。

私が悪いのですが、モニターをホールドする部分が薄いタブレットやスマートフォンを掴む仕様になっており、肝心のモニターを掴めないという状況になりました。

仕方ないので、タブレットを固定して寝る前にnasneで録画した番組を見ることに使用しております。たまに寝オチするくらいにはタブレット生活が快適です。

しかし、目的であった、寝ながらパソコンゲーム環境には貢献できませんでした。

Arjanフレキシブルアームスタンド二段式

Steam Link

以前より購入していたSteam Linkが大活躍する日が来ました。

以前より通信状況も快適でしたので、この機器については問題ありません。

www.bto365.net

USB接続式Xbox360コントローラー

Steamコントローラーも良いですが、私は結局Xbox360コントローラーを使用しております。適度な重みとホールド感が一番良いのです。

USB接続式Xbox360コントローラー

寝ながらゲーム環境を構築してみて

アームが結局使えなかったので、モニターを見る際には横になって見るという常態になってしまいました。またアームは買いなおして、リベンジしたいと思います。

安物買いの銭失いとは良く言ったものだな・・・と思います。モニターに重量はないので、今度はこのアームを購入しようかと思います。

クランプ式 4軸 GH-AMCA02

しかしながら、Steam Linkとモニターの相性は良く映像遅延など今のところ感じることなくゲームをプレイできております。モニターもややケチってしまったため、映りが鮮明とまではいかないのが不満ではありますが、値段相応と言われればそれまでです。

今後不満があればやはりしっかりとした数万円以上するモバイルモニターを購入しなおそうと思います。

寝ながらパソコンゲームということだけで言えば、十分に満足を得られる環境になりました。暖かい布団の中でゲームできるので、ゲームプレイが捗ります。

しかし、キーボードとマウス必須のものになると、モニターを見るために身体の向きが横になっていてプレイしづらいので、モニターを吊るすアームだけは早期に買いなおししたいと思います。

最近とにかく寒いので、この環境を手に入れることができて、手も足の先も冷えずに快適にパソコンゲームができております。

独特な雰囲気のあるパズルゲーム 「Munin」プレイ感想

ゲーム

f:id:bto365:20170207145514j:plain

パズルゲームであるMuninをプレイしてみました。

Muninってどんなゲーム?

北欧神話がモチーフの9つのステージで9つのパズル9×9ステージで構成される全81ステージが遊べるパズルゲームです。

Muninをプレイするには?

CPUはシングルコア 2.33 GHz、メモリ1GB以上、グラフィックはDirectX 9以上で起動可能なので、かなりロースペックなパソコンでも起動可能です。

Muninの良いところ、悪いところ

Muninの良いところ

  • 独特な雰囲気があり、その雰囲気が好きになれば魅力的である
  • 操作はわかりやすく作られている

Muninの悪いところ

  • プレイヤーがあやつる少女の動作がやや遅い
  • 画面がやや暗めなのでステージギミックなどが解りづらい

総合感想

f:id:bto365:20170207145525j:plain

少女を操って、北欧神話が舞台のステージのギミックを回転させることで通り道をつくり、ステージ中に散らばっているカラスの黒い羽を集めるゲームです。

回転するステージギミック中に少女が立っていると、回転はさせられない仕様なので、ステージギミックを回転させる場合はその場所から少女を非難させる必要があります。

f:id:bto365:20170207145545j:plain

更に、ステージが進むと、ステージ中のギミックが増えます。落石や暖炉など、時には少女に害になるため上手に回転ギミックを駆使して少女を守りつつ最前の道を作成し素黒い羽を集める必要があります。

黒い羽を取り終えると、カラスとともに次のステージへ飛び立ちます。最初はやさしいパズルですが、ステージが進行するにつれ、少女の操作をしつつステージの回転を行わないといけない部分も出てくるので結構操作が忙しい箇所も出てきます。

少女は移動とジャンプとギミックを押す行為も可能ですが、あまり移動は早くないので、咄嗟に何かをして回避するなどは不可能です。ただし落下は不思議な力の影響からか、ふわりふわりと落下をするので床があるなら高所から落下をして死ぬということはありません。(床が無い場合はステージリトライとなります。)

華奢な少女なので、ステージ中の落石やトゲや火などに触れたらあっという間にやられて、ステージリトライとなります。惜しいところまで行っていた場合はかなり悔しいですね。

パズルゲームとしては、結構やりごたえがあります。初見クリアはなかなか難しいステージなどもあり、回転ギミックと少女の行動を把握しながら順序だててパズルを解く行為は癖になると脳みそがハイになってくるほど楽しくなります。

パズルとしてはオーソドックスな操作なのですが『なるほど!』『あ~そういうことね?』『あ、しまった!』などと思わず声が出てしまいながら楽しんでいる自分がおりました。

雰囲気と画面が暗めなので人を選ぶパズルゲームだと思いますが、私は好きなジャンルでしたので存分に楽しめました。

ただ、画面が暗すぎて『え?そこに羽あったの?見えなかった』というところもあったので、画面の設定は明るめの方が良いと思います。(一応羽は輝いているのですが、洞窟ステージなどはわかりづらかったです。)

いつでもやめられるので、時間が少ないパズル好きも楽しめるゲームだと思えます。PC版以外にもアプリ版があるので、スマホなどでも楽しめます(PC用なのでタブレットクラスでないと画面はかなり小さくなってしまうと思います。)

見た目バカゲーだがしっかりと作られている「Panty Party(パンパン)」プレイ感想

ゲーム

f:id:bto365:20170207145320j:plain

TPSのシューティング対戦ゲームPanty Partyをプレイしてみました。

Panty Partyってどんなゲーム?

世界をパンツに染める悪のパンヂより世界を救うためにパンツに変身できる人間である愛の戦士となった主人公が戦います。

Panty Partyをプレイするには?

CPUはDual Core3.4 GHz 以上、メモリ4GB以上、GPUはDirectX9以上推奨です。

Panty Partyの良いところ、悪いところ

Panty Partyの良いところ

  • 見た目とは裏腹なしっかりとしたシューティングアクションゲーム
  • プレイアブルキャラ(パンツ)も多く、ハマれば長く楽しめる
  • 馬鹿なノリではあるが、ゲームシステムはしっかりしている
  • 値段も安価

Panty Partyの悪いところ

  • ガードが無いので、敵(パンツ)に囲まれると辛い状況がある

総合感想

f:id:bto365:20170207145330j:plain

TPS視点で繰り広げるパンツシューティングゲームです。多様なパンツにも個性があり色々な攻撃方法があります。

近接攻撃が強いパンツ、遠隔攻撃に特化したパンツ、ビット攻撃を繰り出すパンツなどです。正直ここまで書いていて自分は何を書いてるんだろう?という気もしないでもありません。

f:id:bto365:20170207145338j:plain

しかし、見た目はパンツですが、ゲーム的には、ダッシュや回避行動やバースト状態などといった行動もあり、しっかりとした対戦シューティングゲームとなっております。

ガードが無いので、ある程度の連続攻撃かダウン攻撃をうけると無敵状態になりますが、運が悪いとハメに近い状態になります。パンツと書いた後にハメ状態はちょっと字面的に破廉恥な感じがしますが、仕方がありません。

f:id:bto365:20170207145348j:plain

1キャラのストーリーも1時間~2時間程度で終わるので、ソロプレイでも十分に楽しめるつくりになっています。息抜きに丁度良いゲームとも思えます。

後半のステージになると敵パンツも増え、敵パンツも強くなります。ストーリー自体もおバカなノリなので、ここも息を抜いて楽しむことができます。

f:id:bto365:20170207145403j:plain

見た目で楽しめるようで、TPSやガンダムVS的な対戦シューティングが楽しめる人でしたら、通常通り楽しめると思います。フェチではありますが、エロではないゲームだと思います。

日本語にも対応しており、なんとボイス付きなので、しっかり楽しめるゲームに仕上がっていると思います。後半は気を抜くと数回はやられる難易度もあるので、やり応えも感じられ、おバカゲーではありますが、充実度の高いゲームでした。