BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

すべてのゲームがヌルヌル動く!おすすめのハイエンドゲーミングPC【2021年】

2021年も半年が経過し、現状最高の性能を持つRTX3090といったハイエンドグラボに差し迫る性能を持つRTX3080Tiも発売されました。PCゲームも4K画質で60fpsを超えるような状況が夢では無くなり、やっと落ち着きだしたグラボ市場もこれから盛り上がりを見えることが期待できます。更にCPUもRyzen 9 5900Xの発売にて、よりゲーミングPCの性能は上がってきております。

折角こういった高性能グラボが発売されているので、かなりの出費は必要となりますが、高画質8K対応を掲げているRTX3080やRTX3080TiやRTX3090を購入するためには仕方ありません。新しい技術に触れたい、PCゲームの限界を突破した性能をすぐに見たいという方であれば、絶対に欲しいと言えるハイエンドゲーミングPCを手に取ってみたいですよね。また、AMDの方も負けじと、Radeon RX6800XTやRX6900XTを発売し、性能も価格競争も苛烈を極めてきております。

ハイエンドモデルのパーツ構成

グラボ

グラボは上述してきたように、RTX3080、RTX3080Ti、RTX3090、RX6800XT、RX6900XTを搭載しているものがハイエンドゲーミングPCと言えるでしょう。

CPU

CPUもグラボのボトルネックとならぬように、できるだけ高性能なものが良いです。intel製であれば、core i9の最新モデルを搭載したものが欲しいです。そしてAMD製のものならばRyzen 9の最新のモデルを選んでおきたいところです。

メモリ

メモリはこのクラスでもゲームのみの使用ならば16GBあれば十分ですが、いずれ増設を考えるならば、購入当初から32GBでも良いと思います。

マザーボード

拡張性の高いものを選んだほうがよく、中途半端な性能のモノを買うとあとで後悔します。チップセットも最新、最高のものを搭載したものを選ぶと、後で何かが接続できないなど後悔を防げます。AMD製のものはCPUソケットの互換性が高いので、後々の交換などの幅が大きいのも嬉しいところです。

電源

このクラスのゲーミングPCは、パーツの発熱もとんでもなくなりますので、電源効率の良い80plus認証を取得したシルバークラス以上の電源、できればゴールドモデルを搭載しているものが望ましいです。

おすすめのハイエンドゲーミングPC

上述したパーツ構成を踏まえて、オススメのハイエンドゲーミングPCを紹介します。

GALLERIA UA9R-R38 5900X搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> GALLERIA UA9R-R38 5900X搭載の詳細

 

グラボは人気のRTX3080を搭載しております。CPUもRTX3080の性能を活かすRyzen 9 5900Xを搭載しております。

メモリは32GBありますので、PCゲームも十分なフレームレートを維持できます。メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載しているので、ゲームの読み込みも快適です。またサブストレージに2TBのHDDも搭載しているため、動画の保存などもできる余裕を持てるゲーミングPCです。ゲーム実況などにもしっかりと活用できそうですね。

GALLERIA UA9R-R38T 5900X搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> GALLERIA UA9R-R38T 5900X搭載の詳細

 

最新のグラボであるGeForce RTX 3080 Tiを搭載したモデルのハイエンドゲーミングPCです。RTX3090ほどの高性能まではまだ不要という状況や、少しコスパを抑えたい人にオススメしたいハイエンドゲーミングPCです。こちらもメモリ32GBと動画の編集や3DCG作成も快適にこなすことが可能です。ストレージも1TBのNVMe接続のSSDをメインに、2TBのHDDをサブに備えています。値段こそ高いですが、信頼できる性能を持ったハイエンドゲーミングPCです。

GALLERIA UA9R-R39 5900X搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> GALLERIA UA9R-R39 5900X搭載の詳細

 

グラボはRTX3090を搭載し、グラボの能力を活かしきる性能を持つRyzen 9 5900Xを搭載しております。RTX3080Tiが発売されたことで、供給も安定されてきたので、安心して購入することができるハイエンド中のハイエンドゲーミングPCです。

メモリも32GBを搭載し、メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載し、サブストレージに2TBのHDDを搭載しています。ゲームだけの枠にとどまらない高性能なPCです。

まとめ

RTX3080Tiの登場で、ハイエンドゲーミングPCの購入の選択肢も増え、グラボ単品はまだまだ品不足ですが、ゲーミングPCの供給はかなり落ち着いてきております。

一度ハイエンドゲーミングPCの性能を味わったら、元には戻れずハイエンドグラボ沼にハマってしまう可能性が大きいです。

しかし、沼にハマっても満足度の高さはピカイチなので、懐に余裕のある人と、しっかりとゲーミングPCを活用する自信があるのならば、絶対に価値のある投資だと思います。ハイエンドゲーミングPCはゲームだけにとどまらず沢山のクリエイター活動にも使用することが可能です。

ハイエンドゲーミングPCを購入しておけば、数年は安定した動作も得られますので、決して勿体ない買い物ではないと思います。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net