BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

コスパが良くて大人気!おすすめのミドルスペックゲーミングPC【2018年】

パソコンでゲームをプレイするとなると、グラフィックボードを搭載したゲーミングPCが必要だということは皆様ご理解をしているかと思います。

ブラウザゲームから3DCGを使用したゲームまで、多種ありますがそんなゲームをプレイする為に必要なゲーミングPCは欲しいけど、できれば出費は抑えたいという人向けなのがミドルスペックゲーミングPCです。

ミドルスペックゲーミングPCならGTX1060(VRAM6GB)搭載のPCがオススメ

ミドルスペックゲーミングPCはエントリーモデルゲーミングPCよりも少し値段は高価ですが、それだけプレイできるゲームも増えます。ミドルスペックのゲーミングPCを所持していれば高望みしなければ最近発売されているゲームはプレイできる状況です。

私もミドルスペックと呼べるゲーミングPCを所持しており、グラフィックボードにGeForce GTX1060(VRAM6GB)を搭載しております。

これから紹介するミドルスペックゲーミングPCはGeForce GTX1060(VRAM6GB)を搭載しているものを紹介しますが、GeForce GTX1060にはVRAMが3GBのものがあります。VRAM3GBですと性能が落ちますので、VRAM6GBのものが満足できるミドルスペックゲーミングPCであると思います。

またAMD製のグラフィックボードであるRadeon RX570やRX580を搭載したゲーミングPCでも良いと思います。最近はAMD製のCPU&GPUも性能を上げてきているので十分期待に沿う動作をしてくれると思います。

おすすめのミドルスペックデスクトップゲーミングPC

デスクトップPCであれば、機能が不足したと感じた際には後々パーツ交換などで性能アップも可能です。私はデスクトップPC派なので、まずはデスクトップPCのオススメモデルを紹介したいと思います。

格安で購入しやすい「ガレリア DT」

f:id:bto365:20170424153408j:plain

>> ガレリア DTの詳細

CPUはCorei5-8500ですが、GPUにGTX1060(6GB)との相性は悪くありません。メモリも8GB搭載しているので、安定した性能を発揮できるミドルスペックのゲーミングPCです。

メインストレージもSSDなので、起動も早く快適です。そしてなにより価格が魅力的なので、ミドルスペックのゲーミングPCを探していて、どんなゲーミングPCを買えばいいかわからないという方にオススメです。

CPU性能アップでゲームがさらにサクサク!「ガレリア XT」

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア XTの詳細

上記ガレリアDTよりもCPU性能の高いCorei7-8700を搭載し、メインストレージにSSD500GBを搭載しているので、メインでプレイするゲームをSSDにインストールすればゲームの動作も快適です。

コチラの価格もお手頃ですし、後々にパーツ交換をしていくことを考えたらコチラを購入した方が後々融通がきくと思います。

上記2つのミドルスペックデスクトップゲーミングPCを紹介しましたが、できればメモリを16GBにしておくと長く使用できると思います。特に最近のPCゲームのAAAタイトルは8GBを超えるメモリ使用量のものも多いです。

ミドルスペックゲーミングノートPCを買うなら「ガレリア GKF1060GF」

f:id:bto365:20170424152110j:plain

>> ガレリア GKF1060GFの詳細

 

重量が約2.4kgありますので重いことを心してから購入してください。GTX1060(6GB)を搭載しているので、ゲームをプレイするには問題ないゲーミングノートPCだと思います。

ノートPCは液晶とキーボードのオールインパッケージと考えれば値段は相応的に高価になり、デスクトップPCであればハイスペックゲーミングPCが買えてしまう値段になってしまいがちです。

まとめ

VRゲームを最高画質や4K画質で動作させるとなるとフレームレートも60fpsを下回り、下手をすると30fps近くになることもありますが、標準画質や中画質程度であれば問題ないゲームプレイが可能です。実際にGTX1060(6GB)を使用しておりますが動作できなかったゲームなどはありませんので、ゲーミングPCを初めて買う人にはオススメです。