BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ガッツリと高画質でゲームを楽しむ!おすすめのハイスペックゲーミングPC【2021年】

PCゲームをなるべく快適な環境で遊びたいけど、値段はなるべく抑えたい。しかし高画質・高フレームレートは維持したいし、折角PCゲームを遊ぶならネット対戦ゲームでも勝利したい!という我儘な人にオススメしたいのがハイスペックゲーミングPCです。

2021年の今となっても、4K高画質となると、高いフレームレートを維持するのは難しいですが、WQHD(2560×1440)画質のモニター表示で高いフレームレートを安定させる性能であればハイスペックゲーミングPCでも十分得ることが可能です。

ハイエンドを購入するよりもコストを抑えた分だけ、ゲーミングモニターやゲーミングマウスとゲーミングキーボードといった周辺機器を購入すれば、より安定したゲーム環境を得ることができ、より勝利できる環境が整います。妥協はしたくないけど、ハイエンドゲーミングPCを買う予算はちょっと・・・という人に満足度が高いハイスペックゲーミングPC達を紹介します。

ハイスペックモデルのパーツ構成

グラボ

2021年のハイスペックグラボは、NVIDIA製であれば、RTX2080やRTX3060Tiまたは、RTX3070クラスのグラボで良いでしょう。

AMD製であれば、Radeo RX6800あたりのグラボがハイスペッククラスと言えます。中でもRTX3060Tiは、とてもコスパの良いグラボなので、性能と価格を両立したゲーミングPCに搭載されているので、おすすめです。

CPU

ハイスペッククラスのCPUはグラボによってはボトルネックなども懸念されるためintel製であれば、core i9をAMD製のものならばRyzen 9の最新のものを選んでおきたいところです。

メモリ

メモリは、16GBあれば十分ですが、ゲーム以外に4K動画の編集をするなどの用件があるのならば、32GBにしても良いかもしれません。

オススメのハイスペックゲーミングPC

上述したPCパーツのことを考慮して、オススメのハイスペックモデルのゲーミングPCを紹介します。

ガレリア XA7R-R36T

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア XA7R-R36Tの詳細

グラボは、RTX2080を凌ぐ性能を持つRTX3060Tiを搭載しております。CPUはRTX3060Tiの性能を活かすRyzen 7 3700Xを搭載しています。

メモリも16GBを搭載し、メインストレージも512GBのNVMe接続のSSDなので、快適なゲームライフを送ることができます。

ガレリア ZA7R-R37 5800X搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア ZA7R-R37の詳細

 

グラボはGeForce RTX 3070を搭載し、CPUも最新のRyzen 7 5800Xを搭載しております。ゲームでは申し分無い性能を発揮する分、値段もより高くはなってしまいます。

しかし、これだけの性能を持つゲーミングPCを購入しておけば、満足度も高く、長期にわたって推奨スペック以上の満悦感を得られますよ。

まとめ

ハイスペックモデルのゲーミングPCも最近はかなり手の届きやすい価格になってきていると思います。以前はハイスペックモデルでも4K高画質となると少し動作が重かったのですが、最近ではゲームによっては、十分なフレームレートを得ることができます。

ハイスペックモデルであれば、後々にハイエンド仕様のグラボに交換するだけで、ハイエンドゲーミングPCになることもできます。

オンラインでもソロゲームでも十分なフレームレートを発揮でき、ヌルヌルサクサクに動くハイスペックゲーミングPCは、かなり満足度の高いPCです。

ハイエンドとの差額で、各種の周辺機器を充実したものに変更しても良いでしょう。ゲーミングモニターやゲーミングマウス、ゲーミングキーボードを使うとかなりゲーム環境が充実するので、ハイスペックゲーミングPC購入と同時に、プレイ環境の充実も図ることをオススメします。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net