BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ガッツリと高画質でゲームを楽しむ!おすすめのハイスペックゲーミングPC【2020年】

PCゲームをなるべく快適な環境で遊びたいけど、値段はなるべく抑えたい。しかし高画質・高フレームレートは維持したいし、折角PCゲームを遊ぶならネット対戦ゲームでも勝利したい!という我儘な人にオススメしたいのがハイスペックゲーミングPCです。

4K高画質となると、高いフレームレートを維持するのは難しいですが、FHD(フルハイビジョン)画質のモニター表示で高いフレームレートを安定させる性能であればハイスペックゲーミングPCでも十分得ることが可能です。

コストを抑えた分だけ、ゲーミングモニターやゲーミングマウスとゲーミングキーボードといった周辺機器を購入すれば、より安定したゲーム環境を得ることができ、より勝利できる環境が整います。妥協はしたくないけど、ハイエンドゲーミングPCを買う予算はちょっと・・・という人に満足度が高いハイスペックゲーミングPC達を紹介します。

おすすめのハイスペックゲーミングPC

ガレリア RF5

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア RF5の詳細

なるべく価格を抑えたいけど、性能はそれなりにハイスペックなゲーミングPCが欲しいのであれば、Ryzen 7 3700Xを搭載した、このゲーミングPCがオススメです。

グラフィックボードはGeForce RTX2070 SUPERを搭載しております。メモリは8GBとなっていますので、16GBに増設しておくと幸せです。FHD画質でPCゲームを遊ぶならば申し分ない性能をもつハイスペックゲーミングPCです。

ガレリア XA7C-R70S RTX2070Super搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア XA7C-R70Sの詳細

 

レイトレーシングもしっかりと味わいたいということであれば「ガレリア XA7C-R70S RTX2070Super搭載」がオススメです。グラフィックボードにGeForce RTX 2070 SUPERを搭載しておりますので、レイトレーシング機能もFHD画質で十分に体感することができます。

こちらはメモリが16GBになっています。8GB×2枚の2チャンネル仕様なのでより快適にPCゲームを遊ぶことが可能です。

メインストレージは512GBのNVMe M.2 SSDなので、メインでプレイするゲームを1本か2本ほどSSDに保存するとローディングを短縮することができて快適なのです。

CPUはIntel Core i7-10700を搭載しておりますので、RTX 2070 SUPERの性能をボトルネックを生まずにPCゲームができることでしょう。

ガレリア ZA9C-R70S RTX2070Super搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア ZA9C-R70Sの詳細

 

こちらもグラフィックボードはGeForce RTX 2070 SUPERを搭載しております。そして、CPUはより性能の高いCore i9-10900Kを搭載しております。

メモリは16GB搭載しておりますので、メモリはこの容量であればハイスペックPCとして十分だと思います。

性能の高いCPUを搭載しておくと、後にグラフィックボードだけ交換してパワーアップが果たせますので、やっぱりハイエンドゲーミングPCが良かったという時に後悔することが無くなります。CPUを後から交換するのは、ソケットなんかが違うようになってしまった場合かなり大変なのです。

おすすめのハイスペックゲーミングノートPC

ガレリア GCR2070RGF-QC

f:id:bto365:20190215130349j:plain

>> ガレリア GCR2070RGF-QCの詳細

ゲーミングノートPCでもハイスペッククラスの性能が出るようになってきました。ハイスペックゲーミングPCとなると、どうしても大きなデスクトップPCになってしまうので、置き場所に困りますが、ノートPCなら置き場所に困らないのがメリットです。

CPUはCore i7-9750Hを搭載し、メモリは16GBを搭載しております。グラフィックボードはGeForce RTX 2070 MAX-Qを搭載しております。

メインストレージのNVMe接続のSSD(1TB)を搭載しているのでOSの起動速度も快適です。拡張性は無いですが、ノートPCでハイスペックが欲しいという方にはお勧めです。

まとめ

ハイスペックゲーミングPCを購入するならば、できる限り高いスペックで満足のいくものを手に入れるのが良いと思います。妥協すると結局後で、もっとお金を出してハイエンドを買えば良かった!とガッカリしてしまいます。

私も現在使用しているグラフィックボードはRTX2070になっておりますが、FHD画質であれば十分な満足を得ております。上述したハイスペックPCの殆どがRTX 2070 Superの構成という選択をしましたが、RTX 2070 Superの性能があればFHD画質やウルトラワイド画質であれば、高いフレームレートを維持できるでしょう。

後々にスペックアップできるのもデスクトップPCの長所でありますが、ハイスペックゲーミングPCでも性能の高いCPUとマザーボードのセットを選んでおけばパーツ交換や増設で延命が可能です。

低い性能のCPUを選んでおくと、後でCPUやマザーボードまで交換しなければならないことになります。(私もなりました。)ハイスペックゲーミングPCがあれば、現状発売されているパソコンゲームはほとんど快適にプレイできると言っても間違いはありません。

4KとかMOD入れまくりということであればハイエンドですが、そうでなはなく、バニラ状態のPCゲームを満喫したいのであればハイスペックゲーミングPCを購入しておけばより長く満足を得られるでしょう。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net