BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

手軽で格安!おすすめのエントリーモデルゲーミングPC【2018年】

パソコンでゲームをプレイするにあたって、ゲーミングPCと呼ばれるパソコンはどれも高価なものばかりで、とてもじゃないけど購入できないと思っている方も多いはずです。

しかし、ブラウザゲームや2DCGを使用したゲーム、そして3DCGを使用したゲームでも低画質設定に変更するなどをして、ある程度のスペックで動作するゲームもあります。

そんなゲームをプレイするだけで良い、とりあえずパソコンでゲームをすることとはどんなものか?ということを体験したい人にオススメしたいのがエントリーモデルのゲーミングPCです。

高いスペックを持ったゲーミングPCは20万円近くしてしまいますが、エントリーモデルであれば10万円以下のものから10万円ちょっとで購入できてしまいます。CPUやGPUの性能が上がった今、ある程度のゲームはこのエントリーモデルでもプレイが可能です。

おすすめのエントリーモデルデスクトップゲーミングPC

ノートPCよりも置き場所こそ取ってしまいますが、安価で後々パーツ交換などで性能アップも可能なデスクトップPCのオススメモデルを紹介したいと思います。

GTX1050を搭載したエントリーゲーミングPC「ガレリア DS」

f:id:bto365:20170424153408j:plain

>> ガレリア DSの詳細

 

メインストレージにSSD250GBを搭載しているので、起動も早く、CPUにはCore i5-7500を搭載、そしてメモリも8GBとゲーミングPC初心者にとって十分な性能を備えております。

GTX1050のVRAMは2GBとなっており、VRAMが2GBもあればある程度のオンラインゲームや3DCGを使用したゲームも低画質程度であれば十分対応可能です。数年前のゲームでしたら高画質もいけるかもしれません。

とにかく激安で価格が魅力「NEXTGEAR-MICRO im570BA9-TV」

f:id:bto365:20170424152002j:plain

>> NEXTGEAR-MICRO im570BA9-TVの詳細

 

こちらはCPUにCore i5-7400を搭載している分、上記ドスパラのガレリアDSよりも幾分安価になっております。そこまで負荷の高いようなゲームをプレイしないよ!という人には丁度良いと思います。

少し性能が必要なゲームがプレイしたいのなら「ガレリア MH」

f:id:bto365:20170424153408j:plain

>> ガレリア MHの詳細

 

少しでも性能を高くしつつ費用も抑えたいのであればGTX1050Tiを搭載したコチラのモデルがオススメです。GTX1050TiはVRAMが4GBありますので、より安定した環境でゲームをプレイすることが可能です。

またVRAM4GBともなると、それなりの負荷がある3DCGゲームも楽しめる性能を持っております。最高画質などには対応できかねると思いますが、低画質や標準画質であれば対応できると思われます。

低画質で高フレームレートを期待しなければ、PUBGだって楽しめるお手軽価格のゲーミングPCです。

おすすめのエントリーモデルゲーミングノートPC

初心者の方であれば、とりあえず今後そこまでゲームをプレイするか不明ということで、とりあえず省スペースなゲーミングノートPCを選択する方も多い筈です。

ノートPCなのでパーツ交換はできません。液晶やキーボードも備えていることからデスクトップPCよりも割高であることを忘れてはいけません。それでもノートでゲームがしたい!という人にオススメするエントリーモデルのゲーミングノートPCです。

ゲーミングノートPCのエントリーモデルなら「ガレリア GKF1050TGF」

f:id:bto365:20170424152110j:plain

>> ガレリア GKF1050TGFの詳細

 

ゲーミングノートPCなので、重量が2.5kgありますことだけは忘れてはいけないところです。持ち歩きにはあまり適さない重さなので、家庭内で省スペースのためにノートPCにするのだと割り切って使う方が良いと私は考えます。

しかし、筋トレを兼ねているならば毎日鞄やリュックに入れて通勤・通学につかっても良いかもしれません。

GTX1050を搭載しているので、AAAタイトルの様な高負荷のゲームを高画質・高フレームレートでプレイするという要望が無ければ十分性能の高いノートPCだといえるでしょう。

まとめ

エントリーゲーミングPCはとにかく、その安さが特徴であり価格が一番の魅力です。最近のCPUとGPUは性能が高いので、ある程度のゲームでしたら、このエントリーモデルで十分にプレイ可能です。

よほどのAAAタイトルでなければ、低画質や標準画質で動作させればビデオメモリ使用量が2GBを常時超えるようなゲームはあまり見たことがありません。エントリーモデルであってもデスクトップ型であれば後々パーツ交換などで性能アップも考えられます。私はデスクトップゲーミングPCをオススメしたいです。

エントリーゲーミングPCがあれば低画質でフレームレートも高い数値を期待しなければ十分PCゲームをプレイできてしまいます。最近のゲームは長期間遊べるものも多いのでエントリーモデルのゲーミングPCでも数年は遊べる数のゲームがありますので十分満足は得られると思います。