BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

すべてのゲームがヌルヌル動く!おすすめのハイエンドゲーミングPC【2021年】

2021年となり、売り切れの続くRTX3080や現状最高の性能を持つRTX3090といったハイエンドグラボも登場し、PCゲームも4K画質で60fpsを超えるような状況が夢では無くなりました。更にCPUもRyzen 9 5900Xの発売にて、よりゲーミングPCの性能は上がってきております。

この性能を体感するためには、かなりの出費が必要ですが、高画質8K対応を掲げているRTX3080やRTX3090を購入するためには仕方ありません。新しい技術に触れたい、PCゲームの限界を突破した性能をすぐに見たいという方であれば、絶対に欲しいのがハイエンドゲーミングPCであると言えます。AMDの方も負けじと、Radeon RX6800 XTやRX6900XTを発売し、性能も価格も熾烈な競争となってきています。

ハイエンドモデルのパーツ構成

グラボ

グラボは上述してきたように、RTX3080、RTX3090、RX6800XT、RX6900XTが欲しいところです。

CPU

CPUもグラボのボトルネックとならぬように、できるだけ高性能なものが良いです。intel製であれば、core i9をAMD製のものならばRyzen 9の最新のものを選んでおきたいところです。

メモリ

メモリはこのクラスでもゲームのみの使用ならば16GBあれば十分ですが、いずれ増設を考えるならば、購入当初から32GBでも良いと思います。

マザーボード

拡張性の高いものを選んだほうがよく、中途半端な性能のモノを買うとあとで後悔します。チップセットも最新、最高のものを搭載したものを選ぶと、後で何かが接続できないなど後悔を防げます。

電源

このクラスのゲーミングPCは、パーツの発熱もとんでもなくなりますので、電源効率の良い80plus認証を取得したシルバークラス以上の電源が望ましいです。

おすすめのハイエンドゲーミングPC

上述したパーツ構成を踏まえて、オススメのハイエンドゲーミングPCを紹介します。

ガレリア ZA9C-R38 RTX3080搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア ZA9C-R38の詳細

 

グラボは人気のRTX3080を搭載しております。CPUもRTX3080の性能を活かすCore i9-10850Kを搭載しております。

メモリは16GBありますので、PCゲームも十分なフレームレートを維持できます。メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載しているので、ゲームの読み込みも快適です。

ガレリア UA9R-R39 RTX3090搭載

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア UA9R-R39の詳細

 

グラボはRTX3090を搭載し、グラボの能力を活かしきる性能を持つRyzen 9 5900Xを搭載しております。人気のゲーミングPCのため、在庫切れや入荷待ちになることが多いので、購入できる状況でしたら、即購入しておいた方が良いでしょう。

メモリも32GBを搭載し、メインストレージも1TBのNVMe接続のSSDを搭載し、サブストレージに2TBのHDDを搭載しているので、ゲーム以外にも動画を保存する容量も十分あります。

まとめ

RTX3090の登場で、ハイエンドゲーミングPCはそれこそ、ポンっと購入することができない高価な値段のPCになりましたが、その分、購入後はとても満足が得られるゲーミングPCとなっています。

一度この性能を味わってしまうと、ミドルスペックやエントリーモデルの性能では満足できません。人間、一度快適な暮らしをしてしまうと、暮らしのレベルを下げるのには抵抗を覚えてしまいますからね。

今度発売される家庭用ゲーム機であるPS5やxbox series xをも超える性能を持つゲーミングPCを購入しておけば、敵なしです。また、これらのハイエンドゲーミングPCとあわせて、性能の高い4Kモニターも購入しておきたいところです。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net