BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

すべてのゲームがヌルヌル動く!おすすめのハイエンドゲーミングPC【2018年】

PCゲームも4K画質対応となって、ゲーミングPCも性能の天井を感じることが増えました。しかし、2018年になってGeForce RTX2080Tiが発売され、4K画質でも60fpsの壁を越えられるようになってきました。

更にCPUもCore i9-9900Kの発売にて、よりゲーミングPCの性能は上がってきております。この性能を体感するためには、結構な出費が必要ですが、レイトレーシングという新たな機能を最大限に体感できるのは今のところRTX2080Tiといった状況です。

新しい技術に触れたい、PCゲームの限界を見たいという方であれば、絶対に欲しいのがハイエンドゲーミングPCであると言えます。

おすすめのハイエンドゲーミングPC

ハイエンドゲーミングPCと言えば、私個人の見解としてはデスクトップ一択であると思っております。ノートPCにハイエンド級のグラフィックボードを搭載することは難しく、現状外付けグラフィックボードという形がとられております。

しかし、外付けグラフィックボードではグラフィックボードの性能を十分に引き出せないということも耳にしているので、安定した高性能を得たいならデスクトップ型を選択した方が良いでしょう。

ガレリア ZG i7-9700K

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア ZG i7-9700Kの詳細

 

RTX2080とCore i7-9700Kを搭載したハイエンドでも購入しやすいゲーミングPC「ガレリア ZG i7-9700K」

4K画質で快適にプレイしたいという要望にできるだけコストを抑えて応えてくれるゲーミングPCです。値段もハイエンドクラスの中ではお手頃であると言えます。

最新のグラフィックボードであるRTX2080を搭載しております。メモリも16GBを最初から搭載しております。CPUには Core i7-9700Kを搭載、ハイエンドゲーミングPCの片鱗を味わいたい人にオススメのゲーミングPCです。

ガレリア ZZ i9-9900K

f:id:bto365:20170424151004j:plain

>> ガレリア ZZ i9-9900Kの詳細

 

RTX2080Tiを搭載したハイエンドゲーミングPCです。レイトレーシングを使わなければ4K高画質で60fps表示することも大いに期待できるゲーミングPCです。

メインストレージがNVMe接続のSSDなので、起動やゲームの読み込みも高速で行われることが期待されます。値段は高いですが、値段以上に快適を得られるゲーミングPCでしょう。

G-Master Hydro X399A Extreme

f:id:bto365:20181207153214j:plain

>> G-Master Hydro X399A Extremeの詳細

 

RTX2080の水冷化を行い、CPUはAMD Ryzen ThreadRipper 2950Xを搭載しているという、なかなか類を見ないゲーミングPCです。人とは違ったものが好きという人であれば試してみたいゲーミングPCです。

Sycomはカスタマイズが自由にできるので、更に自分好みのゲーミングPCに仕上げたいという人は、構成を色々変更すると良いでしょう。

まとめ

ハイエンドゲーミングPCはおいそれと購入することができない高価なPCですが、その分、購入後はとても満足が得られるゲーミングPCです。

一度この性能を味わってしまうと、ミドルスペックやエントリーモデルにはとてもじゃないけど戻れないでしょう。目から鱗が落ちるとはこのことか?という感覚を覚えることができます。

家庭用ゲーム機では味わえない高性能、高画質でゲームプレイは一度は味わって欲しい体験です。いつかは買いたい、そして購入できる余裕があるならマストバイ!そんなパソコンがハイエンドゲーミングPCだと思います。

レイトレーシング対応のゲームも今後増えていくでしょうから、ハイエンドゲーミングPCとあわせて、性能の高い4Kモニターも購入しておきたいところです。