BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ゲーム開発にオススメのBTOパソコン

f:id:bto365:20181215134400j:plain

ゲームの開発をしてみたいけど、どんなパソコンを買えば良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。

ゲームと言っても色々あり、スマートフォンなどのアプリゲームからPCのゲーム、そして2Dのドット絵ゲームから3DCGを多用するようなゲーム、そしてVRまで様々です。それぞれの環境に合ったPCをオススメいたします。

まず作ることが大切

ゲームを作る環境を整えるまでゲームが作れない!という人もいらっしゃると思いますが、まずゲームを作ってしまうことが大切です。アイディアは暖めていても形にしなければ意味がありません。

こんなことを言うのは、私はゲームを作りたいとゲームの案を暖めて結局形にしなかったタイプの挫折者であるからです。暖めるよりも行動に移しましょう。『黒歴史になったってイインデス』、むしろ経験しないことの方が勿体無いので、今は安いPCでもゲームを作る環境は得られやすいと思います。

ロースペックなアプリゲームでもなんでも良いので『作ってみること』からまずオススメします。ちなみに私も過去、赤面するようなボードゲームやテーブルトークRPGなどを作っていました。

とりあえずゲームを作りたい人向けのオススメPC

『ゲームの開発って難しい』と考えると、なかなかその一歩を踏み出せません。PCであればまずツクールソフトなどを足がかりにしてみることをオススメします。

家庭用ゲーム機のツクールと違って容量の天井が無いので、しっかりと最後まで根気とヤル気があれば作ることができます。

ツクール系を動作させるだけであれば、そこまで高性能なPCは必要ありません。エントリーモデルのPCがあれば十分作成可能です。

 

www.bto365.net

大切なのは1つの作品を最後まで作ること

しっかりとプログラム言語から学びたい!という人向けのPCというと敷居が高く聴こえますが、プログラミング言語を覚えることじたいは、どんなPCでも可能です。

ただし、ゲーム開発をする上で、3DCGも扱えるようなツールを導入するとなると話が変わってきます。

有名なところでは『Visual Studio』や『Unreal Engine4』や『Unity』といったゲーム開発をサポートしてくれるようなソフトを快適に動作させるPCがあると、ゲーム開発がよりスムーズに行なうことができます。

難易度が一番高いと思われるのは『最後までやり遂げる』ことです。大抵はそういったソフトを扱って満足して、最後まで形にしないことです。私もそんな状態が続いております。

 

www.bto365.net

CGによる開発環境の違い

ゲームは視覚的情報が多く入ってくるので、ゲームを作る上で大切なものとしては、やはりCGはどういったものを採用するのか?だと思います。

昔ながらのドット絵なのか、はたまたPhotoshopで作ったような2DCGなのか、3DCGなのか、VRに対応した360度映像を作るのか?これだけでも大変多くの選択肢が存在します。

ドット絵でしたら、ドット打ちは大変ですがPCの持つ性能は最低限のもので良いと思います。あとはプログラムを動作させることができれば問題ありません。

しかし、3DCGやVR系のゲームを作成するなら、3DCGを動作させても問題の無いハイスペックPCが欲しい状況になります。

 

www.bto365.net

ゲーム開発にオススメのPC

Critea DX-KS H3 8G/240GB SSD搭載モデル

とにかく、時間があればプログラミングを覚える時間にして、いつでもどこでもゲーム制作をしたい!という人であれば、コスパの良いこのノートPCがオススメです。

性能は決して高くはありませんので、最低限の性能なのであくまでプログラミングを覚えるためと割り切って購入しましょう。

CPUはCore i3-7100Uを搭載しております。メモリは8GBバージョンをオススメします。GPUはHDグラフィックス620というCPU内蔵のグラフィック機能です。UnityやUnreal Engine 4の動作はキツイです。

>> Critea DX-KS H3 8G/240GB SSD搭載モデルの詳細

ガレリア GCF1060GF-E

こちらもノートPCなので、空いた時間でプログラミングに勤しむことができます。ゲーミングノートPCの割には2kgと軽量級なので持ち運びもしやすいと思います。

CPUはCore i7-8750Hを搭載しております。メモリは8GBを搭載し、グラフィックボードにNVIDIA GeForce GTX1060 6GBを搭載しております。UnityやUnreal Engine 4の快適動作も可能です。

3DCGのレンダリングやムービー作成となると辛いかもしれませんが、ノートPCの利点は持ち運んでいつでも開発ができることです。その環境を得たいならこのノートPCが良いでしょう。

>> ガレリア GCF1060GF-Eの詳細

ガレリア ZV

ゆくゆくVR対応のゲームまで考えるのであれば、こちらのPCを購入しておくと長く使うことが可能です。勿論UnityやUnreal Engine 4の快適動作も可能です。

CPUはCore i7-8086Kを搭載しております。メモリは16GBを搭載し、グラフィックボードにGeForce GTX1070Tiを搭載しております。3DCGの作成や動画編集でも安定した性能を発揮できるでしょう。

>> ガレリア ZVの詳細

ガレリア ZZ

レイトレーシングの活用や4K画質のゲームなど、本格以上のゲーム開発を考えているのであれば、このハイエンドPCを購入しておくと良いでしょう。

CPUはCore i9-9900Kを搭載、メモリも16GBを搭載、更にグラフィックボードはGeForce RTX2080 Tiを搭載しています。

>> ガレリア ZZの詳細

他にあると良いもの

ゲーム開発と一口に言っても、プログラミングだけではなく魅力的なキャラクターの作成には2DCGや3DCGの制作も必要です。2DCGでしたら液晶タブレットがあると良いですし、3DCGでしたら細かい動きが伝わるゲーミングマウスが良いと思われます。

また、グラフィックの色を忠実に再現したいのであれば、映像表現性能の良いモニターも必要になると思います。上を見ればキリが無いのですが長時間の作業になることは必至ですので、少しでも快適に扱えるものを購入した方が良いでしょう。

そして、身体に負担をかけないように良い机や椅子、そしてプログラミングに快適なキーボードなども買い揃えたいところです。

まとめ

色々と書いていきましたが、まずは『作る意志』が一番大切です。何かを始めるとすれば『思い立ったら吉日』です。何事も成功する人は考えるより行動に移してしまう人だと個人的に思っているので、ゲームの企画を思いついたのであれば作成して形にしてしまうのが一番です。