BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Nongunz Doppelganger Edition プレイ感想

f:id:bto365:20211105125339j:plain

Nongunz: Doppelganger Editionを遊んでみました。

Nongunz: Doppelganger Editionをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Core2Duo以上
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:OpenGL 1.4以上
  • ストレージ空き容量:0.3GB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあれば余裕でプレイが可能です。

www.bto365.net

Nongunz: Doppelganger Edition の評価

Nongunz: Doppelganger Edition の良いところ

  • 手頃に遊べるアクション
  • 操作がシンプルでわかりやすい

Nongunz: Doppelganger Edition の気になったところ

  • ボスが硬い
  • 攻撃が地味
  • ダンジョンがやや単調

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20211105125404j:plain

白黒オレンジで描かれたシンプルグラフィックです。障害物や扉などは見つけづらいのと、エフェクトをかけられて視覚が害されることがあり、個人的には長時間遊ぶと目が痛かったです。

操作性

ボタン配置がやや分かりづらかったです。一応チュートリアル的なものがありますが、表現方法が独特で分かりづらいと感じました。

ゲーム性

f:id:bto365:20211105125412j:plain

2Dゼルダとパルテナの鏡風のダンジョン構造ですが、基本的には扉で繋がっています。扉がちょっと見つけづらい、視覚的に分かりづらい部分もあります。ローグ系なので死ぬとある程度残したもの以外は1からやりなおしなので、ローグ系が好きではない人は辛いでしょう。

爽快感・達成感

敵も硬く、回避も扱いづらいので難易度は高めなため、達成感寄りです。

このゲームはオススメ?

ローグ系が好きな人でレトロ感覚のシンプルなゲームが好きならば楽しめそうです。

個人的総合感想

f:id:bto365:20211105125421j:plain

今回Xbox Game Passのラインナップに入ったので、遊んでみました。2Dアクションゲームはスキなので普通に遊ぶことはできましたが、最近のゲームと比較すると色々地味に見えます。

基本的に色が白黒オレンジで構成されているのですが、とにかく敵の攻撃なども同色であるため、見づらくて仕方がありません。ずっとプレイすると目が痛くなってきましたので、あまり長時間は遊ぶことができないゲームだと感じました。楽しいですが、見づらいというところが非常に残念で勿体無い点です。

また、このゲームの特徴としては、頭をすげかえるとダッシュやテレポートなどの能力が備わります。どこかで見たような能力ですが、楽しい要素でもあります。ただし、こちらもプレイヤーキャラが小さいので、違いはわかりづらいです。

色々コンパクトに楽しめるゲームではありますが、色も少なく見た目の種類もわかりづらいということがちょっと残念ではあります。ちょっと遊ぶには良いのですが、個人的には目が疲れてしまったので、時折遊ぶくらいになってしまいそうなゲームです。かといってローグライクは慣れるまでは修練が必要なので、目が疲れないという人でこういったローグライクゲームが好きな人ならば長く遊べそうなゲームです。