BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Flynn Son of Crimson プレイ感想

f:id:bto365:20210924123851j:plain

Flynn Son of Crimsonを遊んでみました。

Flynn Son of Crimsonをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows8(64bit)
  • CPU:Intel Core 2 Duo E6550 or AMD Athlon 64 X2 6400+以上
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce 9600 GT, 1 GB or AMD Radeon HD 6570,以上
  • ストレージ空き容量:1GB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあれば余裕でプレイが可能です。

www.bto365.net

Flynn Son of Crimson の評価

Flynn Son of Crimson の良いところ

  • 操作性の良いアクション
  • よく動くドット絵
  • キャラの成長が楽しい

Flynn Son of Crimson の気になったところ

  • 敵の攻撃が見辛く避けづらいところもある
  • ドットアニメにこだわり過ぎてちょっとテンポが悪くなることもある
  • 落下して良いところと悪いところの区別が付きづらい

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210924123900j:plain

とてもキレイなドット絵でキャラクターや背景などもこだわって描かれてます。キレイすぎて、行けそうで行けない部分があったりと見分けが付きづらいところもあります。

操作性

単純な操作でわかりやすく、成長も徐々に行われて追加されていくので戸惑うことは少ないです。ややテクニカルな操作を要求されるためアクションゲームが苦手な人は辛いところもあるかもしれません。

ゲーム性

f:id:bto365:20210924123910j:plain

バトルに重点を置いたアクションゲームで、時折次元パズルのような軽い謎解きのあるゲームです。難易度はやや高めで気を抜くとダメージを貰うことも多いです。

爽快感・達成感

やや歯ごたえもあり、小気味の良いアクションで爽快感も達成感も得られます。全体的にキャラが小さいのでチマチマとした印象はあります。

このゲームはオススメ?

2Dアクションが好きならばオススメです。

個人的総合感想

f:id:bto365:20210924123916j:plain

Steamのウィッシュリストに追加していたらXbox Game Passに追加されたという僥倖な展開です。最近Xbox Game Passの有能さ加減には嬉しくなってしまいます。

ストーリーとしては巻き込まれ型の展開で、島に暮らす主人公が侵略者の手によってクリムゾンの血に目覚め、侵略者を倒すという王道的な展開です。一度ピンチに陥る仲間のデックスという動物守護者を使役して戦うことも可能です。最初は剣と礫の能力だけですが、後に斧や爪といった攻撃方法も覚えます。斧は重攻撃で盾を持つ敵にも有効、爪は素早い連携攻撃が可能です。回避動作に無敵があるので、この回避を使うことが重要になります。むしろ回避すること前提の作りなので、モタモタしてると結構やられてしまいます。そのため、ややアクションゲームが得意な人向けでもあります。ただし難易度はイージー、ノーマル、ハードから選択できるので、アクションが苦手ならばイージーを選ぶと良いでしょう。

ステージギミックはパズルというパズルは無いですが、制限時間のあるスイッチを駆使する場面などもあるため、こちらもアクション能力の高さも求められます。いきなりヒントもなく唐突に存在するギミックに困惑することもしばしばあります。よく動くドット絵を見るだけでも楽しいですし、空中でも回避アクションが出せるため操作していて爽快感も得られます。今の所回避の性能が良すぎて、上手に回避すれば雑魚敵よりもボス敵の方が簡単という展開です。雑魚のほうがゴチャらせられたり、足場が不安定な位置にいたりと面倒です。プレイしてある程度すると、無理に雑魚を倒す必要も無いため無視するのが得策とわかると、サクサクと進行することができます。できることも増えてくると、お宝探しややり込み要素なども出てくるので楽しさも倍増します。わかりやすいアクションゲームなので2D横スクロールアクションゲームが好きならば楽しめるゲームだと思います。