BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血 プレイ感想

f:id:bto365:20210917133855j:plain

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血を遊んでみました。

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血 をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-4790以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:AMD Radeon R7 250以上
  • ストレージ空き容量:3GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-6800K以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:GeForce GTX 1070または、AMD Radeon RX Vega 56以上
  • ストレージ空き容量:3GB以上

高画質設定で楽しむならばミドルスペックのゲーミングPCがあれば余裕でプレイが可能です。

www.bto365.net

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血の評価

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血の良いところ

  • 爽快なアクション
  • 血液爆発による連鎖キル

ブラッドレインビトレイヤル 鮮血の気になったところ

  • 落下による一撃死のストレスステージがある
  • バックハイジャンプがやり辛い
  • 光によるダメージを受ける部分の見極めが分かりづらいところもある

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210917133908j:plain

過去作品のリマスターということで、グラフィックは3Dに直されていてキレイになっております。主人公も敵も光が苦手で光に当たると微妙なダメージを受けますが、この照明などの光が照射されている部分が若干黄ばんでいる程度で、最初は何でダメージを受けているのか分かりませんでした。あ?これか?と気付くまで数分かかり、わかるようになっても分かりづらいので、もうちょっと赤くするか青くするかという照明の区別は付けてほしかったと思います。

操作性

快適ではありますが、一部やり辛い操作もあります。連続技をブンブンしているぶんには爽快です。しかし、ハイジャンプがちょっと移動の慣性をつけてから、背後に向かって方向キーを入れてジャンプという操作が必要なので、慣れるまでこのバックハイジャンプを入れる操作が煩わしかったです。素直に二段ジャンプでもさせてくれた方が良いとも思いますが、このバックハイジャンプを使用するところはやりこみアイテムを取得するところなので、もの凄く必要でもないところが微妙なところです。

ゲーム性

f:id:bto365:20210917133926j:plain

コンポゲームなのですが、たまにステージ中に一撃死する落下ステージがあり、ここは非常にストレスでした。今の世の中マリオ的な一撃死はタイムロスにしか感じないので、ここは古いゲームのリマスターですから仕方ないものの、初見殺しギミックなんかはストレスにしか感じませんでした。スタイリッシュコンボを楽しんでたら急にマリオを求められても、へ?となるばかりで、楽しくは無かったです。ゲーム性は統一してほしいと感じました。

爽快感・達成感

コンボゲー部分はとても爽快です。落下死ステージは好き好きかもしれません。

このゲームはオススメ?

コンボゲームが好きならば楽しめると思います。

個人的総合感想

f:id:bto365:20210917133935j:plain

爽快なコンボゲームだけど、気を抜けばやられるくらいの歯ごたえはあるので、無双ではないコンボ系ゲームが好きなので、結構楽しめております。結構敵が硬い上に、気を抜くと銃弾などを放ってきます。主人公は吸血鬼なので敵に噛みつき血を吸いきれば体力が回復します。ちょっとだけ噛んで感染をさせ、敵を爆発させる操作を行うと爆発させられます。この爆発に近くの敵が巻き込まれると誘爆するので、この感染爆発を利用したコンボがとても爽快です。敵の攻撃をダッシュで避けつつ、攻撃を当て怯んだ敵に噛み付いて、更に敵の攻撃を避けて噛み付いて、最後に誘爆コンボで一掃!とスタイリッシュに行ければかなり気分も上がります。また、空中コンボなどもあり、コンボで吹き飛ばした敵をステージの歯車ギミックにぶち当て、歯車を破壊して進行するなんていうステージもありこちらも楽しいです。

そういったステージは楽しいのですが、落下では一撃で死んでしまう主人公に急なマリオ的アクションを求められるステージもあり、こちらはストレスばかりが目立ちました。細い足場を渡っていき、三角跳びやダッシュを強いられます。コンボを楽しんでたら急に繊細な操作を要求されて、ちょっとイライラしてしまいました。違うゲーム性を急に入れるゲームは好きではないため、ここらへんは自粛してほしかったです。また、コンボ部分では楽しめた歯車ギミックも障害物となると話は別で、しかもこのゲームの主人公は起き上がりに無敵が少なく、上手くやらないと足場の歯車にダメージを受けて転倒→復帰後すぐに歯車ダメージで転倒と連続でハメられている状態になり抜け出せず死ぬという状況がありました。これも非常にストレスでしたので、コンボゲーム部分は楽しいけど、落下等のギミックステージの作りはとても雑でストレスが溜まるデキでした。昔のゲームのリマスターなので仕方ないのかも知れませんが、そこは改善の余地がなかったか?ということを再考して欲しかったです。あとボスが少なく、だいたいのステージは雑魚との連戦でステージが終わるので「あれ?このステージ終わり?」という達成感の少なさも感じました。コンボゲームアクションはとても楽しいですが、他の部分は色々と物足りなさを感じるゲームでもありました。