BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

【PC版】Just Cause 4 プレイ感想

f:id:bto365:20210521140300j:plain

Just Cause 4を遊んでみました。

Just Cause 4をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-2400または、AMD FX-6300以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU: NVIDIA GeForce GTX 760 または、AMD R9 270 以上
  • ストレージ空き容量:59GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-4770または、AMD Ryzen 5 1600以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:VIDIA GeForce GTX 1070または、AMD Vega 56以上
  • ストレージ空き容量:59GB以上

2021年であればミドルスペックまたはハイスペックモデルのゲーミングPCがあればプレイが可能です。

www.bto365.net

 

Just Cause 4の評価

Just Cause 4の良いところ

  • 空を飛ぶ楽しさが味わえる
  • ワイヤーアクションが楽しい

Just Cause 4の気になったところ

  • 敵が直ぐに湧いてくる
  • 操作になれるまではよく死ぬ
  • お遣いが多い

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210521140312j:plain

通常のゲーム画面は美しいですが、ムービーシーンはリマスターされていないのか、野暮ったく見えます。

操作性

他のゲームと一味違う、空中操作とワイヤーアクションがあるため慣れが必要です。空中浮遊というよりは、ムササビ状態なので、風を上手に受けないとすぐに落下してしまいます。スーパーマリオワールドのマントを更に扱いづらくした印象です。慣れれば長時間飛べて気持ち良いんですが、そこまで自由が効くわけでもありません。

ゲーム性

政府の圧政から街を開放してやるぜ!ヒャッハー!といった感じで開始するのですが、政府の悪いところがストーリー上で見えづらく、街で悪さをするただのテロリストな気分になってくるゲームです。ワイヤーアクションであちこちに飛び移ったり、ワイヤーにバルーンを付ける装備で、敵やら建物やら、乗り物を浮かすこともできます。これがこのゲームの楽しみであると感じました。無駄に浮かせてみるのも楽しいです。特に敵は浮かせて無力化させてしまうのが楽しかったです。

ストレスなのは、移動中に敵に見つかると、どんどん敵が湧いてきて、自由に街を闊歩できないことです。ファークライ5の後半並みに敵に察知されて囲まれます。折角の空中移動を行うと、敵に見つかるというジレンマがあります。

爽快感・達成感

f:id:bto365:20210521140323j:plain

空中移動は慣れると爽快ですが、敵に見つかりやすくなるためストレスになる部分でもあります。しかし、車の移動とかは遅いので、これもストレスです。自由に散歩するタイプの爽快なオープンワールドゲームでは無かったです。隠密行動好きならば達成感も得られるかもしれません。

このゲームはオススメ?

隠密行動、ステルス好きならば楽しめるかもしれません。自由に破壊して、自由に散歩する。そんなゲームをお望みであればお門違いかもしれません。

個人的総合感想

f:id:bto365:20210521140336j:plain

「飛ぶことが楽しいー!」と知人から聞かされていたので遊んでみました。確かに飛ぶのは楽しく、独特なワイヤーアクションも楽しかったです。個人的にはバルーンを付けるアクションが楽しく、街にあるもの至るところにバルーンを付けて遊ぶのが楽しかったです。敵を飛ばしたり、敵の乗り物を無力化したりするのは滑稽で面白かったです。

しかし、オープンワールドゲームとしては、敵がワラワラと湧いてくるため、自由な探索や散歩が楽しめず、ストレスが溜まりました。私はオープンワールドゲームといえば、散歩と探索がメインとなるため、ファークライ5の後半と同様に、敵が無限に湧いて、察知して襲いかかってくるゲームはあまり楽しめません。このゲームは敵はそこまで強くありませんが、とにかく好戦的な上に無限湧きしてくるので、自由な探索ができずストレスでした。拠点を潰したと思っても、また平然と敵が湧いてきたりするので、ゲンナリする部分もありました。

 

f:id:bto365:20210521140343j:plain

また、正義のために戦っている風ですが、どう見てもプレイヤー側がテロリストにしか思えず、カオスだーと言いつつ好き勝手しているようで、好きになれません。感情移入できないため、あまりのめり込むことができませんでした。これならば悪役と割り切るGTAやウォッチドッグスの方が、まだ感情移入ができます。

とりあえずワイヤー。操るのは楽しいので、バルーンで乗り物を浮かして移動手段にするとか、街の人を浮かせてイタズラするとかが楽しいゲームでした。もっと敵に見つからずに自由に遊ばせて欲しいゲームだと思いました。戦闘好きならば楽しめるかもしれません。個人的に求めるオープンワールドゲームの楽しさは味わいづらいゲームでした。