BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

HITMAN2 クリア後感想

f:id:bto365:20181222154800j:plain

HITMAN2をクリアいたしましたのでクリア後の感想をつづります。

HITMAN2をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7(64bit)以降
  • CPU: Intel CPU Core i5-2500KまたはAMD CPU Phenom II X4 940以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 660またはAMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:NVIDIA GeForce GTX 660 / Radeon HD 7870以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:Nvidia GPU GeForce GTX 1070またはAMD GPU Radeon RX Vega 56以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

HITMAN2のクリアにかかった時間

それなりにゆっくり遊んで12時間程度となっておりました。やり込もうとターゲットの動向確認やサイドストーリーなどをしっかり遊べば、もっと時間がかかると思います。

ゴリ押しでクリアすることを考えれば、もっと早い時間でクリアできることもあるでしょう。

www.bto365.net

クリア後に感じた満足な点と不満点

満足な点は、暗殺の仕方が一種類では無いことです。スナイパーでの暗殺から、毒殺、絞殺、事故を装った暗殺まで、色々と可能です。スマートな暗殺からたどたどしい暗殺までプレイヤー次第なところが自由度があってとても良かったです。

不満な点は、ほぼ無かったのですが道行く一般人が多い部分で間違えてボタンを押して後ろから襲ってしまいそうになることがあったので、もうちょっとターゲットと一般人の区別があると良かったです。

ミドルスペックPCでの動作感想

クリアまでプレイして、私のPCでの動作は、キャラクターや建物表示が多い箇所では、映像が詰まるような印象を受けることがありました。

余裕を持ってプレイするならばハイスペック以上のゲーミングPCが欲しいところでした。

www.bto365.net

総合感想

f:id:bto365:20181222154938j:plain

ゲームの主たる目的は【ターゲットの排除】なのですが、排除方法は問われないので、いきなり襲うも良し、綿密な計画を練って事故に見せかけるも良しという、プレイの仕方はプレイヤーによって異なるところがとても楽しいところです。

難易度もカジュアルからエキスパートと初心者から上級者でも楽しめます。カジュアルなら監視カメラも無く、登場人物もアホになるので、ゆるりと楽しむことができます。

かたやエキスパートにまでなると、制限も色々あり更に登場人物も賢くなるので、暗殺の腕が問われます。初心者はカジュアルから開始して徐々にテクニックを磨くのが楽しくなると思います。

 

f:id:bto365:20181222154949j:plain

私もカジュアルでプレイしましたが、ターゲットのストーキングをしつつ隙を伺い、結局は無骨でスマートでは無い暗殺とも呼べないターゲットの排除方法になることもありましたが、結構楽しめました。

1のコンテンツを購入すればアイテムを共有して1作目も楽しむことができるので、近日中には購入して遊びたいと思います。

HITMAN2の話に戻りますが、ゲーム内のMAPも意外に広く散策をしているだけでも楽しめます。英語なので詳しいことは微妙な字幕を見つつNPCの会話を聞いてるだけでも楽しめます。

上手になれば、某暗殺ゲームよりもしっかり暗殺している気分が味わえるので、ちょっとしたカタルシスなどを味わえたりもします。自分がしかけた罠がバッチリきまって、暗殺したときは脳汁が出そうにもなります。

クリアした後の話の展開を見るに3にも続きそうなので、今から発売が楽しみなゲームです。なんとなくで購入しましたが、今年購入したゲームの中ではなかなかのHIT作品になりました。

 

www.bto365.net