BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

HITMAN 2のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20181207155555j:plain

HITMAN 2をプレイしてGTX1060(6GB)搭載のゲーミングPCでベンチマーク計測してみました。

>HITMAN2をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7(64bit)以降
  • CPU: Intel CPU Core i5-2500KまたはAMD CPU Phenom II X4 940以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 660またはRadeon HD 7870以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel CPU Core i7 4790 以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:Nvidia GPU GeForce GTX 1070またはAMD GPU Radeon RX Vega 56 以上
  • ストレージ空き容量:60GB以上

HITMAN 2をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20181207155614j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20181207155624j:plain

GPU負荷率は、ほぼ60%~100%となっておりました。HITMAN2体験版よりも、負荷は若干少ないようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20181207155633j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は3GB~4GBとなっていました。(体験版では3GBでした)高画質での快適プレイを望むのであればビデオメモリは4GB以上、GTX1050Ti以上は最低でも欲しいラインであるようです。

フレームレート

f:id:bto365:20181207155642j:plain

フレームレートは、40~80fpsとなっております。人物の多いシーンではフレームレートが下がっているようでした。しかし、画面が止まるというような不具合は見られませんでした。30fpsを下回るようなことはなく快適なプレイができておりました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20181207155653j:plain

CPUへの負荷は平均70%といったところです。体験版よりも負荷が若干高い状況でした。

メモリ使用量

f:id:bto365:20181207155706j:plain

メモリは10GB近い使用となっており、こちらもHITMAN2の体験版よりも負荷が大きくなっていました。

上記のことを踏まえると

体験版での計測値よりも、数値が上回る形が見てとれましたが、ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、FHDであれば快適なゲーム環境が得られると思います。しかし、4K画質等を考慮するとハイスペック以上またはハイエンドゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

HITMAN2をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XT

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1060(VRAM6GB)を搭載、メモリは8GBを搭載しておりますので、推奨スペックを満たすゲーミングPCです。FHD画質であれば、必要十分な性能であると言えます。

>> ガレリア XTの詳細

ガレリア XZ

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは8GBを搭載しております。4K画質でも高いフレームレートが期待できるゲーミングPCです。

4Kでもっと安定したフレームレートを望むなら、ガレリアZZを購入しても良いでしょう。

>> ガレリア XZの詳細