BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

幻想のヴァルキューレ プレイ感想

幻想のヴァルキューレを遊んでみました。

幻想のヴァルキューレをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows8.1、10、11(64bit)
  • CPU:Intel Core i3 以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 750以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows8.1、10、11(64bit)
  • CPU:Intel Core i5以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

ミドルスペックモデルのゲーミングPCが快適なプレイができそうです。

www.bto365.net

幻想のヴァルキューレ の評価

幻想のヴァルキューレ の良いところ

  • 各キャラクターの3Dモデリングのデキが良い
  • 空中戦に特化したガンダムVS的なバトルを楽しめる
  • 東方音楽のアレンジが良い

幻想のヴァルキューレ の気になったところ

  • アーリーアクセスなので、まだ4キャラしか使えない(2022年11月現在)
  • 弾幕ごっこ遊びらしいが、あまり弾幕に感じない
  • 接近戦の爽快感が薄い

それぞれの感想

グラフィック

キャラクターの3Dモデリングはとても良くできております。背景はちょっと見づらい部分と、見えない画面端のようなものを感じます。特に木の当たり判定なんかは分かりづらいです。

操作性

慣れるまでは首を傾げる部分はあります。コントローラーの場合回避の方向をRスティックで決めるのですが、慌てるとR3ボタンの押し込みを発動して、無駄にゲージを消費してしまうこともあります。ここらへんは慣れが必要と感じました。個人的には接近攻撃の連続切りが操作し辛いと感じました。

ゲーム性

空中戦に特化したガンダムVSと個人的には捉えました。弾幕ごっこ遊びというコンセプトのようですが、言うほど弾幕か?と感じるくらい攻撃の弾幕度は低いと思います。弾幕よりもホーミング避けゲーム感じますので、今後のプレイヤーキャラ追加には設置系の弾丸や機雷なんかも増えると良いかと思います。

爽快感・達成感

直前回避などを使っていけば楽しく爽快です。CPU戦もキャラ特性を理解するまでは、歯ごたえがあって楽しいです。

このゲームはオススメ?

ガンダムVSが好きならば楽しめると思います。

個人的総合感想

一通り遊んだ感想としては、ガンダムVSに似た空中戦特化のシューティング格闘ゲームだと感じました。近接戦闘のカクつきさも含めてそう感じます。もうちょっと接近戦の連続攻撃に滑らかさを足して欲しいと個人的には思いました。基本シューティングをしつつ、スキあらば近接戦闘をするというヒットアンドアウェイ的なバトルが楽しいです。キャラ毎の距離による攻防や読み合いなんかも楽しいです。

一応ストーリーモードもあるので、アーリーアクセス時点でまだキャラ数は4体と少ないですが、ソロでもそこそこ楽しめます。ネット対戦もありますが、フリーの対戦よりもフレンド対戦が盛り上がっている雰囲気でした。また、スキルや魔法も自分でカスタマイズできるので、その点も自分なりの調整ができるので、キャラ数が増え対戦人口が増えれば楽しめそうです。そのうち最適解が出てしまうとそればっかりになりそうな気もしませんが、構築している間は楽しいと思います。

間合い管理やガード、避け、攻撃の攻防や駆け引きは楽しいと思います。ストーリーモードでは2人対2人というシチュエーションバトルもあったので、これからキャラが増えてオンライン対戦にも実装されたら、かなり盛り上がりそうなゲームだと思います。まだまだアーリーアクセス中なので、なんとも言えませんが盛り上がりそうな片鱗は見えているゲームだと感じました。