BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCでもPS4でも使えるM.2 SSDの購入考察

f:id:bto365:20211119143724j:plain

NURO光のPS5レンタルプランと契約しましたが、PS5が自宅に来る(中旬から下旬到着予定)までにPCでもPS5でも使えるM.2 SSDの購入を考えてみたいと思います。あわよくば、PCでも使えれば、PS5のゲームやセーブデータのバックアップなんかもできるんじゃないか?と考えてます。

PS5で動作できるM.2 SSDの条件

ソニーのプレイステーション公式で謳われているPS5に対応するとM.2 SSDのスペックは下記の通りです。

PS5に使用できるM.2 SSDは?

  • 接続方式:PCI-Express Gen4x4 M.2 NVMe SSD対応(Key M)
  • ストレージ容量:250GB~4TB
  • 規格サイズ:2230、2242、2260、2280、22110
  • 格納サイズ:長さ30mm~110mm、幅最大25mm、高さ最大11.25mm
  • シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨
  • ソケットタイプ Socket 3(Key M)

どうやらSATA対応のものは不可のようなので、しっかりとNVMe接続のSSDを購入した方が良さそうです。また読み込み速度も高速なものに対応しているようですね。

容量も4TBまでOKということで、最近はゲーム1本のデータ容量も大きいので、できれば1TB以上はほしいところです。

候補に挙がったSSD

なるべくコスパ良く、性能も高めなM.2 SSDをピックアップしていきたいと思います。

SAMSUNG 980 PRO MZ-V8P1T0B/IT

容量1TBのPCIe Gen 4.0 x4対応のNVMe接続のSSDです。お値段も2万円近くとお手頃な価格であると言えます。シーケンシャル読み込み速度も7,000MB/sと上々の速さです。寸法もしっかりとPS5にも対応しております。

>> SAMSUNG 980 PRO MZ-V8P1T0B/ITの詳細

CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB

こちらも容量1TBのPCIe Gen 4.0 x4対応のNVMe接続のSSDです。お値段は上述したSAMSUNG 980 PRO MZ-V8P1T0B/ITよりも1割ほど安かったりもします。シーケンシャル読み込み速度も7,000MB/sとなっております。値段を少しでも抑えたい人には良いSSDですね。ちなみに対応しているヒートシンクなども別途売られておりますので、ヒートシンクを合わせると2万円くらいになります。

>> CFD販売 PG4VNZシリーズ 1TB

Seagate FireCuda 530 M.2 1TB

みんな大好きSeagateの容量1TBのPCIe Gen 4.0 x4対応のNVMe接続のSSDです。お値段は2万5千円程度と少し高くなっておりますが、シーケンシャル読み込み速度が7,300MB/sと上述したSSDよりも少し高速になっています。

>> Seagate FireCuda 530 M.2 1TB

M.2 2280mm SSD両面ヒートシンク

PS5ではヒートシンク装着が推奨されているので、ヒートシンクを購入しておくと良いようです。

>> M.2 2280mm SSD両面ヒートシンク

まとめ

M.2 SSDは、あまり買い換えたりしたいものですし、長期間ゲームデータを保存しないのであれば容量は1TBくらいで良いかと思います。私個人は飽きたら同じゲームをやりなおすことはほぼ無いので、プレイが終わったらゲームデーターは逐一アンインストールするようにしております。ですので、いずれ2TBが2万円くらいで買える時代になるのであれば、PS5用に購入したSSDをPC用にしてしまうなんてことも考えられます。その逆でもできますので、容量大き目のNVMe接続のSSDがあれば少し融通が利きやすくなるかと考えられます。まずはPS5が到着してみないとなんともですが、こういった妄想をするだけでも十分楽しいですし、PS5やPCの性能確認にもなります。