BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PCの電源スイッチを延長してみた

f:id:bto365:20211119143203j:plain

以前リモコン式の電源ボタンスイッチを購入していのですが、ネジ山が大変もろく、簡単になめってしまい、電池交換ができずにいたら液漏れか何かでリモコンそのものが壊れてしまいました。もう一度買い直しても良かったのですが、どうせなら確実な有線式にしようと思いAmazonで「Ofelia PCケース 電源ボタン ME722」を購入してみました。

Ofelia PCケース 電源ボタン ME722の特徴

Ofelia PCケース 電源ボタン ME722は、デスクトップPCのマザーボードの電源とリセットスイッチとLED電源とUSB2.0ポートを背面パネルに延長し、HDMIケーブル変換ユニットを介して、リモコンボタンを延長します。HDMIケーブルを繋ぐため長めのHDMIケーブルを使えばより長く延長することも可能です。リモコンボタンはやや大きめですが、これくらいのほうが目立ちますし、PCと連動した発光が得られるので夜も存在感を発揮します。光りすぎてウザいということもありません。何気にUSB2.0ポートが2つ付いているのも便利です。

Ofelia PCケース 電源ボタン ME722の取り付け

使用しているマザーボードの電源とリセットスイッチとLED+とLED-の位置を探します。非常に小さなピンなので取り扱いには注意が必要です。力任せに扱ってピンを曲げたり折らないように注意します。私は場所がいまいちわからなかったので久々にマザーボードの説明書を引っ張り出してにらめっこをしました。できればピンセットが欲しいくらいの細さでしたが、なんとかLEDライトなどで手元を照らして作業を終了させました。

付属しているHDMIケーブルは1メートル程なのでとりあえず机の上に電源ボタンを出すには十分でした。長いHDMIケーブルを使うか延長すれば、もっと距離を出せそうです。そして、確認のためにPCケースの蓋は閉めずに電源ボタンを押すと、無事にPCが起動しました。もう一度電源を落として、PCケースの蓋を閉めたら、再度起動を確認します。

Ofelia PCケース 電源ボタン ME722の使い心地

今回PS5をお迎えするに当たり、PCケースを机の下に置いたため電源ボタンを押すために屈むのが煩わしくなったので、購入してみて良かったです。IFTTTを使って音声起動という仕掛けも以前使いましたが、結局IFTTTの使用のためにスマホ1台介すのも面倒だったので、結局物理的にわかりやすい有線式のボタンが一番ということになりました。USBポートも増えたので手元でXbox360コントローラーも抜き差しできて便利です。

久々にマザーボードへの接続で面倒ではありましたが、起動のためにいちいち体をくの字にして電源ボタンを押す手間が無くなったのは毎日のことなのでありがたいと思います。無線リモコン式で、もっとボタンや電池蓋が頑丈なものがあれば良かったのですが、今回は有線式で見た目もシンプルなものが購入できてよかったです。光らせたくない人はLED電源を接続しなければ良いだけです。私は光ってる方がしっかりと接続が生きていることがわかって安心なので光らせております。私のようにPCの電源を押しづらい位置にデスクトップPC本体を置いてしまった人や、ちょっと離れた位置にデスクトップPC本体を置かざるを得ない人には良いアイテムだと思います。個人的には中間のケーブルをHDMIにしてるところが、ケーブルの長さを調節しやすく便利だと感じました。

>> Ofelia PCケース 電源ボタン ME722の詳細