BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Xbox ワイヤレス コントローラー (ショック ブルー)の使用感想

f:id:bto365:20210730132754j:plain

以前より欲しかったXbox ワイヤレス コントローラー (ショック ブルー)を購入しましたので、使用感などを書いていきます。あくまで個人の感想なので参考にできる点だけご参考にしてください。

Xbox ワイヤレス コントローラーの使い勝手

操作性

まずスティックの操作性はちょっと抵抗感がありますが、Xbox360コントローラーよりもちょっと硬い程度です。Xbox Oneのコントローラーはクネクネだったので、この点は私好みになっております。スティックの材質はXboxコントローラーシリーズのちょっと軟質のカバーがついたような素材で、経年するともしかしたらボロボロになるかもしれません。ココは質感重視で、経年したら買い替え推奨かもしれません。バンパーボタンはXbox Oneのものよりも少しこれも抵抗感があります。Eliteコントローラーほどフカフカはしておりませんが、程よい押し心地となっております。トリガーボタンはEliteコントローラーに近い抵抗があり、気持ちの良い押し心地となっております。

グリップの部分にEliteコントローラーとまではいきませんが、グリップ力を上げる加工がされているので、滑って落とすようなことはありません。Xbox Oneコントローラーよりはかなり改善されていると思います。

メニューボタンの距離などは、以前より変わっていないようなので、これは指の大きい人だと誤爆の心配はあるかもしれません。

機能性

流石にEliteコントローラーの様に、ボタンのレイアウトを変えたり背面パドルがつけられるようなことはありません。BlueTooth接続ができるようになったので、XboxやPCのみならず、Android OSのスマホやタブレットでも簡単につながることが売りのようです。私はスマホゲーはほとんど遊ばないので、わかりませんが、いちいちMicroSoftのUSB無線アダプターを付けずとも遊べるようになるのは嬉しい・・・のですが、BlueTooth接続だと若干遅延を感じるので、やはり有線またはMicroSoftのUSB無線アダプターの方が調子が良いようです。

>> Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10

強度

相変わらず頑丈には安心感のある使い心地です。まだ使い始めなのでわかりませんが、壊れやすかったバンパーボタンと構造が改善されていれば良いと思います。いまのところとくに挙動に問題のあるところは見えません。最近は、スティックでドリフトするのが流行っているので、Xboxでもそんなことが起こらないと嬉しいですね。

バッテリー

なんと、いまだに電池です。付属で単三電池が2本ついておりますが、これは公式または他のメーカーでバッテリー式に切り替えたいところです。電池は便利でもありますが、今のご時世だと微妙だと思います。

デザイン

白と青の二色がペンギンの様で可愛いです。赤と黄緑と迷ったのですが、やはりこのペンギンシルエットが可愛いので、今回はショックブルーの購入に至りました。

着実に良くなっている

Eliteコントローラーほどではありませんが、値段もそこそこで購入できるコントローラーとしては使いやすいと思います。最近はコントローラーに機能を付け足しすぎて、強度が悪くなっていると感じるので、堅牢なXboxコントローラーのイメージ通り、今後も使えていると嬉しいです。私はEliteコントローラーも所有しておりますが、背面パドルを使うことも無いので、充電が面倒で結局Xbox360コントローラーを愛用しています。

Eliteコントローラー2はコントローラーの入れ物にチャージャーが付いているのですが、チャージャーの箱が大きすぎて邪魔で、あまり使わなくなっております。

今回のXbox ワイヤレス コントローラー (ショック ブルー)はデザインが好きなので、長く使っていこうと思いますので、バッテリーのチャージ形式を改善する手段を見つけて、長めに使っていけたらと思います。

握り心地は格段にアップしていますし、ボタンの押し心地も良くなっているので、値段は高いですが、満足度の高いコントローラーだと思います。

>> Xbox ワイヤレス コントローラー (ショック ブルー)