BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

液タブは大きいモノと小さいモノどちらが良いの?それぞれのメリットとデメリット

f:id:bto365:20210521141153j:plain

PCで絵を描いたりする趣味を持つ人も増え、液タブを欲しがる人も多いのでは無いでしょうか?プロのイラストレーターさんですと、大きな液晶タブレットを使う人が多く、折角買うなら大きい液晶タブレットが良いのではないか?小さいものではダメなのではないか?と思う人もいると思います。今回は、液晶タブレットの購入において、大きな液晶タブレットと小さな液晶タブレットのメリットとデメリットを書いていきますので参考にしていただければと思います。

大きな液晶タブレットのメリットとデメリット

大きな液晶タブレットのメリット

なにより画面が大きいので、見やすいですし、絵を描く場所が増えます。PCでCGを描くうえで、ツールの表示をしなければならないので、大きな液晶タブレットであれば、ツールを配置する部分に余裕ができるので、レイヤーを増やしまくって、表示する画面が大きいことで後々の整理も楽です。絵を描く以外の表示部分も多くできるためデュアルモニターにせずとも、参考画像を探すことも可能でしょう。

大きな液晶タブレットのデメリット

デメリットと言えるかどうかは不明ですが、まずは『とても値段が高い』ということでしょう。プロ仕様のものは、〇十万円もします。趣味で扱うにしては、財布の体力の必要とする値段となっています。

そして、大きな液晶は画面が大きいことで『長く綺麗な線を引くことが難しい』ことが挙げられます。しかし、『慣れ』で解決できることや、画面の拡大と縮小で、ある程度対応もできるため大きなデメリットとは言えません。

小さな液晶タブレットのメリット

メリットは置き場所を取らないこと、一度に全体を見渡せること、価格が安い事、などが挙げられますが、大きな液晶を購入できない負け惜しみな気もします。しかし、液タブ自体にPC機能を持つものは、持ち運びの便利さが更にアップするため、大きなメリットだと思えます。また長い直線などは書きやすいので、大きな一枚絵を描くのは得意とも言えます。

www.bto365.net

小さな液晶タブレットのデメリット

デメリットは、液晶が小さいことで、解像度を高くすると文字が小さくなります。そしてツールバーなどのアイコンを表示すると絵を表示する部分が劇的に少なくなってしまうことです。

また、タブレットPCタイプなどでは対策をしないと、掌や指との接触で誤動作してしまうこともありますので、その点も気を付けなければならないところです。

丁度良い大きさが良い

各個人で『丁度良い』が変わってくるのでなんとも言えませんが、32インチ以上あたりだと大きすぎるとも思いますので個人的には16インチ~22インチ程度のものがオススメです。

>> Wacom Cintiq 16

先日、raytrektab 8を購入しまして、小さい液タブは書きづらいところもあり、そして何より文字が小さくて見えづらい部分もあります。自宅で扱うなら、丁度良い液晶の大きさのものが扱いやすいと感じました。ワコムワンも使ってみると少し小さいと感じるので予算があるなら16インチ以上を購入して、デュアルモニター状態で使うと、より便利です。