BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Next Up Hero プレイ感想!子供向けかと思ったら高難易度ゲーだった

f:id:bto365:20210514142411j:plain

Next Up Heroを遊んでみました。

Next Up Heroをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i3 (3.4 GHz) or AMD A8-7600 (3.1 GHz) 以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:AMD Radeon HD 6850 / NVIDIA GeForce 650 / Intel Iris Pro 5200以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

エントリーモデルのゲーミングPCがあれば余裕でプレイが可能です。

www.bto365.net

Next Up Heroの評価

Next Up Heroの良いところ

  • ヒーローにより色々な攻撃方法がある
  • 歯ごたえのある難易度

Next Up Heroの気になったところ

  • ヒーローが死ぬ前提で作られているようなバランス
  • ヒーローによって強さに当たり外れがある
  • 面倒な倒し方の敵も多い

それぞれの感想

グラフィック

f:id:bto365:20210514142421j:plain

グラフィックは、たまに敵が見づらくなるところもあります。特に仲間にしたヒーローが半透明なんで、敵と見間違うなどといった事があります。

操作性

ヒーローによって攻撃が異なるため、せっかく覚えた操作が意味を成さないこともあります。また、コントローラー操作ですとR3ボタンがダッシュなので、とっさのダッシュがやりづらく、また誤爆も多かったです。

ゲーム性

f:id:bto365:20210514142429j:plain

オンラインで道中他のプレイヤーが死んだところでは、そのヒーローを蘇らせオプション的な使い方ができます。他の人が死んでないところでは、死骸がないため、道中一人で遊ばなくてはなりません。また、自分が死ねばやり直して自分の死骸を蘇らせられ、使役することができます。使役と言っても、完全オートで動くので、ヒーローによってはCPUだとあまり頼りにならないキャラもいます。

爽快感・達成感

難易度は高めなので、難易度の高いところでは、達成感が得られます。

このゲームはオススメ?

オンライン環境なら良いですが、オフラインですと助けとなるヒーローが居ないため辛くなるので、オフライン環境の人にはおすすめできません。

個人的総合感想

f:id:bto365:20210514142437j:plain

なんとなく気になっていたゲームで、この度セールで購入してみました。遊んでみたところローグライク的なゲームになっていて、マップと敵の配置によってはかなり難易度が上がります。また、死んだヒーローを蘇らせて使役する前提の難易度で設定されているため、一人で戦うとかなり辛い環境です。また、ヒーローによってはかなり攻撃方法が使いづらいキャラもいて、使ってみないとわからない苦労もあります。また、CPUが使うとアホみたいな動きをするキャラもいて、プレイヤーが使うかCPUが使うかでも、またやってみないとわからないこともあります。わざと死んでオプションキャラを増やして戦うやり方も良いのですが、わざわざ死ぬのも結構ストレスではあります。

物量作戦で死ねば死ぬほど強くなるといえば強くなるのですが、ソロで進行してみたくもなるので、ヒーローを蘇らせなければ個人で難易度を上げることも可能です。意外に当たり判定が大きいので、いつの間にか被弾していることも多く、敵とヒーローの能力次第では相性が悪いこともあり、中でも突進系の敵に、リモコン爆弾系のヒーローが使いづらく、連射ができないうちに、突進に被弾してすぐにやられてしまうなんてこともあるため、結局近接攻撃で連射できるヒーローが強かったりします。

ヒーローは多数いるので自分に合ったヒーローを見つけるのも楽しいです。やり直して何度も楽しむタイプで、ある意味死に覚えゲームなので、気長な人にオススメのゲームです。

ちょっと操作が分かりづらい部分もあり慣れも必要なゲームですが、繰り返しダンジョンに挑む事が苦痛でないなら長く楽しめそうなゲームだと思います。