BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

「BUFFALO BRXLPT6U3WHD」半年使用後 再評価・レビュー!もう光学ドライブの時代ではない

f:id:bto365:20191108152448j:plain

BUFFALOポータブルブルーレイ「BRXLPT6U3WHD」を購入して使ってから半年経過したので再度レビューと評価を書いていきます。

BRXLPT6U3WHDを再評価

静音性能

半年経過しましたが、いまのところ五月蠅いといことはありません。ディスクを入れてディスクが回転してもキュイーンという回転開始の音はありますが、そこまで五月蠅くはない状況です。

ディスク書き込みの際にも、再生の際にも静かなものです。使い立てのあの五月蠅さはなんだったのか?と思わされます。耳が慣れただけでしょうか?(笑)

 

www.bto365.net

ディスク読込性能

3か月目で全然読み込まない・・・と綴っていた読み込み性能ですが、益々よろしくなくなりました。

使わないと、全くディスクを読み込みません。CD音源を取り込んでGoogle musicに取り込みたいのに、全くCDを読まずキュルキュルディスクが空回転することが多いです。

ちょっとイライラするくらい読まないので、そういった場合はレンズをレンズクリーナーで念入りに清掃した後に、USBケーブルを何度か抜き差しすると直ったりします。意味があるのかわからないのですが、そうすると直るので昔のTVみたいです。

酷いときにはブルーレイディスクの書き込み中に空回りしだしてエラーになるということがあり、ブルーレイ空ディスクが無駄になるのが痛かったです。

USBケーブル

PC接続用と給電用のケーブルがあります。そして最近USB3.0ケーブルのHubに接続すると空回りすることが増え、PC本体のUSB3.0端子に接続すると調子が良くなるということが発生するようになりました。

その他の機器はHubに接続しても動作は問題ないので、この機器は繊細なのかもしれません。

光学ドライブとしては頼りない

ちょっと使わないと機嫌を悪くして読み込みが悪くなり、Hubを使ってもご機嫌が斜めになるという我儘ぶりなので、使うのが億劫になってきました。

やはり安いドライブよりも、もうちょっとお金を出して内蔵型のBDドライブにすればよかったかもしれません。

頻繁に使って機嫌をそこねないような使い方をする人には良いかもしれません(笑)

しかし、私はそこまで光学ドライブを使用しないので、稀にCDを聴いたり、イベントで録画した動画をディスクに書き込むときに使うのですが、あまりにも動作が安定せずにストレスが溜まる一方でした。

マメに使わないとレンズが内部で剥き出しなので、そこに埃がたまってしまいやすいようです。

今後も使用してあまりに酷いようであれば、買い替えを検討するかもしれません。