BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

【2018年】ゲーム実況動画配信にオススメなゲーミングPC

f:id:bto365:20180414142644j:plain

YouTubeやTwitchといったゲーム実況動画配信に対する敷居がかなり下がっており、自分でもゲーム実況動画を配信したいという人はかなり増えていると思います。

ゲーム実況を開始したいという人がゲーミングPCのチョイスに迷ってしまうと思います。以前もオススメのゲーミングPCを紹介しましたが、2018年4月時点で実況動画配信にオススメのゲーミングPCを紹介します。

www.bto365.net

www.bto365.net

www.bto365.net

実況動画の配信には高性能なゲーミングPC

実況動画の配信をするにあたっては、中途半端な性能のゲーミングPCを購入してしまうと動画配信の際にPCがフリーズしてしまいかねません。

ゲーム実況動画を配信するにあたっては性能の高いゲーミングPCであれば、どんなPCゲームの実況にも対応できます。

最近の人気である大手AAAタイトルのゲームに必要なスペックはかなり高く、実況動画配信となるとゲーム中にマイクによる音声録音とカメラによる配信者録画も必要になることがあります。

そういった余剰性能まで考えると、やはりエントリーモデルのゲーミングPCでは物足りないと感じます。

実況動画配信のために安価なPCを購入してしまう人がいる

実況動画配信のために、安価なPCを購入してしまう人がいるようです。確かに手が届きやすいというところで10万円以下のゲーミングPCを選択する人もいらっしゃるようです。

更に、持ち運びの利便性を考えノートPCを選択してしまう人も多いようです。ノートPCはオールインワンであり、液晶やキーボードを含んでいるので値段もそれだけ高価になってしまいます。

そのノートPCが10万円以下となるとデスクトップPCで考えたら7万円~8万円程度の性能になると考えて良いと思います。

安いからと手を出してしまって、後でスペック不足になって新しいPCを購入しなければならないという人も多くいると聞きます。

大手AAAタイトルのプレイできるゲーミングPCを選択

とりあえず実況動画配信を開始したいからと言って安価なノートPCに手を出さず、できれば同じ値段でデスクトップPCを選択していただいた方がスペック的にも充実します。

また、スペック不足と感じた際にはパーツ交換でスペックアップできるのがデスクトップPCの長所であります。メモリの増設、グラフィックボードの交換を行うだけでもデスクトップPCの寿命を延長することが可能です。

【2018年】実況動画配信にオススメのゲーミングPC

ガレリア DT

CPUはCore i5-8500、メモリ8GB、GPUはGTX1060(VRAM6GB)を搭載しております。値段は117,980 円(+税)となっております。

10万円以下のゲーミングノートPCを購入するより少し金額を足してこのゲーミングPCを購入した方が、多くのPCゲームをプレイ可能です。

>> ガレリア DTの詳細

ガレリア MV

CPUはCore i7-7700、メモリ8GB、GPUはGTX1070Tiを搭載しております。値段は164,980 円(+税)となっております。

かなり値段は高価になってしまいますが、よほど重いPCゲームでなければFHD高画質であれば快適にPCゲームをプレイしつつ実況動画配信が可能となります。

>> ガレリア MVの詳細

まとめ

FF15やFARCRY5と言った大型タイトルを4K画質で配信しようと思ったら数十万円のPCが必要となります。しかし、美麗グラフィック配信をしたいというわけでないのなら、実況動画でそこまで高画質配信は必要無いかと思います。

実況動画配信であれば、更にマイクとカメラが必要になると思います。最近動画編集ソフトは無料のものでも結構色々とできますが、より人目を引く動画を作成したいのであれば、それなりのソフトを購入した方が良いかもしれません。