BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

格闘ゲームの上達のために5つのことを実施してみます

f:id:bto365:20210626145015j:plain

下手の横好きで遊んでいる格闘ゲームですが、GGSTやスト5にもう少し本腰を入れて遊んでみようかと思っております。GGSTは7階層~9階層をうろつく程度なので、できれば10階をめざして、いずれ天上界を目指したいですし、スト5もしっかり遊んでいきたいです。毎日プレイするというのは難しい分、取り組む姿勢を直すべく、以下のことをしていきたいと思います。

格ゲーノートを付ける

ノートと言っても気づいたことをワードでまとめるようにしました。対戦で感じた気付きなどを書き、対戦したキャラ別に、有効だった技とタイミング、逆に通用しなかった戦法などを書くようにしました。特に初見殺しだと思われる敵には、どんな技でやられたか?等を集中して書くようにします。書き出した点は改善と思われる策と、プラクティスモードで実際に技の対策をするなどを行うようにしました。

対戦を録画して反省点を洗い出す

ノートだけでは不足する部分を動画でも確認します。PCを使用すればSteam上であろうと、PS4上であろうと対戦は簡単に録画できます。そのためにキャプチャーを買ったかどうかは忘れましたが、折角のPCの出番なので活用させていただきます。You Tubeのプロの動きなどと比較して、悪い動きなどを比較検討していき、次にどういった立ち回りをするか検討します。

手が覚えるまで反復練習をする

コマンド技やコンボはとっさに思いついても、いつもの指の癖が出てしまいます。新しく覚えたコンボや開発したコンボは、指が覚えるまで反復するようにします。最近では、昨日できたことが、今日できなくなっていることもあるので、ノートと合わせてチェック表を作るようにし、自分の中での完成度を満たすようにします。

空いた時間にイメトレを行う

休憩や公共機関の移動中など、暇と思われる時間には、イメージトレーニング(イメトレ)を行い、対戦の復習から予習を行います。このイメトレも馬鹿にならず、以外に考えてたシチュエーションの時には、これ考えてたやつだ!チャンス!となることもあります。勿論思ってたのとチガーウ!ということもありますが、その点は修整すれば良いだけです。

よく寝る

格闘ゲームを遊ぶためには睡眠時間を削るしかないのですが、睡眠時間を削るくらいなら、ゲーム時間を減らします。睡眠がよく取れていない際の対戦は冷静な判断もできませんし、怒りやすくなりますし、良いことありません。楽しく対戦するためには、良い睡眠も必要です。

まとめ

これら5つの事を行ってから勝率が上がっている気がします。ギルティギアストライヴをメインに楽しんでますが、STEAM版では9Fまで進出しております。スト5でも、勝てる試合が増え、中々楽しい日々を味わえてます。格闘ゲームは、アプデで理不尽な事も起こりやすいですが、最近はそういった事も達観して楽しくなりましたので、今後も長く格闘ゲームを楽しんでいけたらと思います。