BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

AFFINTY PHOTOを使ってみた!これは脱Photoshop、脱Lightroomができるソフト?

f:id:bto365:20220218131043j:plain

写真の現像や2DCGのレタッチにかかせないソフトと言えばAdobeのPhotoshopとLightroomです。私もサブスクリプションサービスに加入してますが、知らないうちに月額契約から年間サブスクリプションサービスに移行されていて、途中解約すると解約金を取られる仕様になっていてショックを受けました。

なにか代替ソフトは無いものかと探しましたら、AFFINTY PHOTOなるソフトを見つけましたので、今回使用してみました。

AFFINTY PHOTO公式ホームページ

AFFINTY PHOTOでできること

このソフトは、PhotoshopとLightroomの良いとこ取りをしたようなソフトで。Lightroomの写真の現像機能とフォトショップのレタッチ機能を合わせたようなソフトです。

PhotoshopとLightroomと全く一緒というわけではないので、使い方については習熟が必要になりますが、LightroomとPhotoshopを使っている人であれば、ある程度直感で操作できる内容にはなっております。ちょっと扱ってみて、便利な機能を紹介します。

PSDファイルも開ける

Photoshopで書き出したファイルであるPSDファイルを開くことができます。ちなみに、エクスポート機能を使えばAFFINTY PHOTOで作成した画像ファイルをPSD形式で書き出すことも可能です。PNGやJPGはもちろんのこと、GIFやTIFFやPDFといったファイルへの書き出しも可能です。ただし、一部の画像は特殊効果が変更できなくなっていたりするので、AFFINTY PHOTOで加工した画像はAFFINTY PHOTOで最後まで仕上げる方が良いです。

現像も可能

写真のRAW現像も可能で、メーカーによって違うRAWファイルも開けるのがLightroom同様に良いところです。私はCanonやRichoやSonyのカメラを使用してきましたが全部のRAWファイルを読み込もうとすると他のメーカーに付属するソフトですと読めないのでLightroomを使わざるを得なかったのですが、AFFINTY PHOTOも様々なRAWファイルを読み込めて便利です。

不要な要素を消せる

PhotoshopやLightroomでも使える、不要な風景や物体の削除機能がAffinity Photoでも使うことが可能です。インペインティングという機能を使い、消したい存在を消せるので非常に便利です。

価格も安く使いやすい

さすがに仕事となると互換性が大事なので難しいところですが、個人での使用となれば、このAFFINTY PHOTO で十分だと思いました。なにせ買い切りで7000円という価格がうれしいです。

PhotoshopとLightroomは、以前は買い切りで購入できましたが、シェア率ナンバーワンということもあり、サブスクリプションサービスになってしまい使っていない月でもお金を取られてしまうようになってしまい、なんだか納得がいかない状態でもあります。

確かにサブスクリプションサービスは便利でもありますが、要らない機能を付け足してみたり、仕様がちょくちょく変わるのは面倒だとも思いますので、PhotoshopとLightroom的な機能を個人でちょっと使いたいくらいだったらAFFINTY PHOTOで十分だと感じました。

PhotoshopとLightroomの更新が先月行われてしまったので、仕方なく今年末まではPhotoshopとLightroomを使わざるを得ませんが、AFFINTY PHOTOを使いこなせるようになったら、PhotoshopとLightroomの次の更新はしないようにしたいというのが今の正直な心持です。最近イラストのレタッチもクリスタを使っているのでそう思ってしまいます。