BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

「MetaHuman Creator」アンリアルエンジンで活用できる人物作成ツールを試してみた

f:id:bto365:20210528142617j:plain

Epicゲームスが公開しているゲームエンジン、アンリアルエンジン4でリアルな人間キャラクターを作成するツール「MetaHuman Creator」を試してみました。

セッティングが結構わかりづらいことなども踏まえて、これから使ってみる人の参考になれば幸いです。ちなみに、予めEpic Gamesのアカウントは作成しておいていただき、アンリアルエンジンをダウンロードしている人向けのお話です。

www.bto365.net

ダウンロード手続きまでが大変

ブラウザ上で作成

まず、この「MetaHuman Creator」を試すには、アンリアルエンジンの該当ホームページで、ユーザー登録をする必要があります。

https://www.unrealengine.com/ja/metahuman-creator

↑のURLから、申請を行う必要があります。名前やら住所やらを登録すると審査らしきものが開始されて、しばらく待つとブラウザ上で予め登録されたモデルを元に、オリジナルキャラクターを作成することができます。

かなりリアルタイプのモデルなんで、アニメ系が好きな人であると抵抗があるかもしれません。私は好きなモデリングです。ブラウザ上では、ブレンドで、最大6人の顔を合成して、大元のキャラクターから、どの顔に寄せるか?ということができます。全てブラウザ上で行うため、ネット回線の速度がモノを言う感じです。一応LODを下げれば(数字的には上げる)ローポリゴンキャラもクリエイトできるようです。

ボディは大まかなタイプで選択ですが、顔は結構細部までいじれたりします。流石にダークソウルとか、blenderみたいには弄れませんので、そこは割り切りましょう。今後のアップデートに期待です。作成するとオートセーブされ、アカウントに紐づけされます。

Quixel BRIDGEをダウンロード

作成したMetaHumanをアンリアルエンジンで使用するためには、Quixel BRIDGEというアプリをダウンロードしなければなりません。こちらのEpic Gamesのアカウントで関連付ければ無料で使用することが可能です。

https://quixel.com/bridge

↑のHPのWINDOWS用にダウンロードというところからダウンロードできます。(他のOSを使っている人は専用の箇所を選択してください。)

ダウンロードしたら、アンリアルエンジン4がインストールしているフォルダを選んでダウンロードするとスムーズです。(英語でアンリアルエンジン4がインストールされているフォルダを選べと書かれてます。)

無事インストールが完了して、起動すると「My MetaHuman」の項目をクリックすると、先ほど作成したオリジナル?MetaHumanをダウンロードすることが可能です。

アンリアルエンジン4にもMetaHumanプロジェクトをインストール

f:id:bto365:20210528142635j:plain

更にEpic Games LauncherにもMetaHumanプロジェクトをインストールします。Epic Games Launcherの「ラーニング」内から、MetaHumansの項目を探したら、インストールをしましょう。

あとは、アンリアルエンジン4がインストールされているフォルダ内にプロジェクトを作成し、アンリアルエンジン4から起動するもよし、プロジェクトから起動するも良しです。

アンリアルエンジン4を起動したら、先ほどダウンロードした自分で作成したMetaHumanを読み込めば、無事使用することができます。規約的にMetaHumanは、アンリアルエンジン4で使用する分には無料なようです。

感想

f:id:bto365:20210528142644j:plain

インストールまでは面倒でしたが、今後MetaHumanのデータがもっと広がったら、ゲームでモデリングをするのが面倒というクリエイターには嬉しいツールになると思います。3DCGを作成したいという人でなければ、3DCGの作成はある意味苦痛ですからね。仕方ありません。楽しくて仕方ない人はblenderやMaya3Dなどを使って作るとスキルの1つになると思います。

モブキャラをモデリングするのは大変ですから、このツールは需要が高そうなので、3DCG系のゲームを作る人であれば、アンリアルエンジン4を使用する人が増えていきそうですね。