BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

MISTOVER 体験版プレイ感想!カワイイキャラと暗い雰囲気の融合したローグライクコマンドRPG

f:id:bto365:20190927131903j:plain

MISTOVER 体験版を遊んでみました。

MISTOVERをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7以降
  • CPU:Intel Core i5 2500 以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTS 450以上
  • ストレージ空き容量:2GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5 3470以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX660以上
  • ストレージ空き容量:2GB以上

ミドルスペックのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。ハイスペックゲーミングPCがあれば快適なプレイができるでしょう。

 

www.bto365.net

MISTOVER 体験版の評価

MISTOVER 体験版の良いところ

  • キャラクターも可愛く見ていて楽しいグラフィック
  • 難易度高めのシステム

MISTOVER 体験版の悪いところ

  • タイムトライアル版なので時間制限がある
  • ステータス説明等がわかりづらい

総合感想

f:id:bto365:20190927131914j:plain

グラフィック

グラフィックはカワイイディフォルメですが、可愛くなりすぎてもおらずモンスターはややおどろおどろしくしっかりと描かれています。

世界観は暗いので、カワイイグラフィックに負けずMAPなどは不安感を煽る暗いものになっています。

操作性

斜め移動はバンパーボタンを使うなど、ちょっと一見ではわかりづらい操作もあり、しっかりと説明を読まないと誤爆することも多々あります。

しかも体験版は時間制限もあるため操作をしっかりと覚える猶予も少ないのであわてがちです。操作は癖があるので覚えるまで大変です。

ゲーム性

ローグライク系+コマンドRPGといった形です。近いゲームだとダーケストダンジョンを思い出します。

このゲームでは食料の他に光の補給も必要となり、光が少なくなると視野も狭くなったりとマイナス要素があります。

また光をともす植物を使うためには、血をささげなければならないなど、駆け引きもあるので、緊張感のある難易度がキープされたゲームだと思います。

爽快感・達成感

f:id:bto365:20190927131924j:plain

敵とのバトルも難易度が高めに設定されているので、爽快感よりは達成感寄りのデザインになっています。

敵の陣形と自分の陣形も敵の攻撃や自分の攻撃に関わってくるため、敵の位置を移動する攻撃等が活きてきます。

体験版は時間制限もあるので、クーポン集めは結構ハードになっているので達成感のあるデザインです。

製品版もこういった状態であれば、非常に緊張感のあるバトルと探索の楽しめるゲームが期待できます。

このゲームはオススメ?

ローグ系のダンジョン探索+コマンド式RPGということで、難易度は高めなので、難易度高めのレベルデザインのゲームが好きならオススメであると思います。

ただ、どこかで見たことある、という感覚はあるのでオリジナリティ溢れるゲームがプレイしたいという人にはオススメではありません。

暗めの世界観とローグライクそしてカワイイキャラクターという、これらの要素が気にいあるようであればオススメでしょう。体験版もあるので是非遊んでみると良いかもしれません。

結構頭を使わされたので、私的には結構気に入っておりますので、価格と発売時期によっては購入しそうです。