BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Mutant Year Zero Road to Eden プレイ感想!荒廃した世界でミュータントが戦う高難易度SRPG

f:id:bto365:20190524124314j:plain

Mutant Year Zero Road to Edenをプレイしてみました。

Mutant Year Zero Road to Edenをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-760またはAMD Phenom II X4 965以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 580またはAMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ空き容量:8GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-6700KまたはAMD Ryzen 5 1600X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon RX 480以上
  • ストレージ空き容量:8GB以上

プレイが可能になりそうです。

 

www.bto365.net

Mutant Year Zero Road to Edenの良いところ、悪いところ

Mutant Year Zero Road to Edenの良いところ

  • 歯ごたえのある難易度
  • いかにステルスキルをしていくか?という戦略要素

Mutant Year Zero Road to Edenの悪いところ

  • 字幕が小さくみづらい
  • これぞボス敵!という敵がいないので盛り上がりにかける

総合感想

f:id:bto365:20190524124324j:plain

XCOMのようなタクティカルバトルを楽しむRPGとなっております。人間が起こした核戦争後の世界を描いています。操る主人公はミュータントなので、この設定が気に入るかどうか?で好みが分かれる仕様であるとも言えます。

戦闘は敵を個別撃破していくと楽に展開ができるということが売りになっています。基本的に音のしない武器を装備して、敵に不意打ちをしかけて・・・。コレができないと辛い難易度になっています。

プレイ開始当初はそこらへんがわからず、普通に音のでる銃撃をする⇒見つかる⇒多くの敵にハチの巣される。なんていう展開もありました。しかも、サイレントキルできる武器の威力は弱いので、いつ発生するかわからないクリティカルに運をまかせるしかありません。

 

f:id:bto365:20190524124336j:plain

味方のHPも少ないので、若干運を天に任せる状況も多いです。ですので、基本的に敵を麻痺させるようなスキル等を駆使しつつ、攻略していくのが楽しいゲームです。またアメリカンジョーク好きも楽しめるでしょう。キャラクターは魅力的ですが、コテコテの日本的な美男美女は出てこないので、そういった要素には期待しないほうが良いです。

スキルアップの時は目が光ったりと、ちょっと厨二的な表現もあるので、ミュータントと荒廃した世界、難易度の高いバトルにワクワクしちゃう人にはお勧めです。

唯一の難点は視点の自由度が少ないこと(上下の視点移動ができないとか)、移動が遅めなところ、MAPが見づらい、アイテムが見つけづらいところです。ここのところがもっと改善されていると、快適性が上がりそうなゲームです。