BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

World of TanksにおすすめのゲーミングPC

f:id:bto365:20180601152441j:plain

World of Tanksを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

World of Tanksをプレイするには?

最低動作スペック

  • OS:Windows7,8,10
  • CPU:クロック数2.2Ghz以上
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:GeForce 6800GT以上
  • ストレージ空き容量:25GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7,8,10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-3330以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:GeForce GTX660またはRadeon HD 7850以上
  • ストレージ空き容量:36GB以上

World of TanksをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180601152457j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

ガレリアMVも所有しておりますが、後々MODを入れるなどの実験をしてみたいので、古いゲーミングPCで試験的に導入です。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180601152511j:plain

GPU使用率は高いところで100%となっておりました。ウルトラ画質でのプレイは結構負荷が高いようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180601152523j:plain

ウルトラ画質で楽しんだ場合、ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は4GB近い状況です。VRAM4GBあるGTX1050Tiではギリギリなので、余裕を持つならGTX1060(6GB)が欲しい状況です。

フレームレート

f:id:bto365:20180601152531j:plain

フレームレートは、終始60fps以上で表示されております。カクつき、チラつきなど全くなく快適に楽しめました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180601152539j:plain

CPUへの負荷は40%以下で、CPUへの負荷は大変少ないゲームの様です。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180601152549j:plain

メモリの使用量は6GB程度なので、最近のゲーミングPCが標準搭載している8GBのメモリ容量があれば十分でしょう。

プレイしてみた感想と動作快適度

ミドルスペックのゲーミングPCであれば、いつでも快適にプレイができそうです。余裕を持つならハイスペックゲーミングPCがあると安心だと思えます。

World of TanksをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているのでFHD画質であれば、安定したプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細

ガレリア ZV

GPUはGTX1070Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しています。ウルトラ画質でもGPUの負荷も気にせず安心して楽しめるハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア ZVの詳細