BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

オフィス365(office365)のサービスに加入してみた

f:id:bto365:20180527140705j:plain

最近PCの所有台数も増え、ノートPCやタブレット等の端末も増えてきたので、マイクロソフトオフィスのサブスクリプション契約サービスであるオフィス365に加入してみました。

オフィス365に加入するメリット

永続ライセンスのマイクロソフトオフィスと違うメリットを紹介します。

PC2台とタブレットまたはスマホ2台で使用可能

オフィス365へ加入すれば、通常2台のPCでのみ使用となっているオフィスソフトを更にタブレットやスマホで更に2台使用可能になります。

タブレットを所有している人にオススメだと言えます。スマホですと、ちょっと見づらいと思います。しかし、入力はせずにデータだけ見たい人には丁度良いかもしれません。

Google Play Microsoft Excel

共有ストレージ1TB

OneDriveのストレージが1TB利用できます。OneDriveはワード、エクセル、パワーポイント等のデータをクラウドストレージで保存できます。

この機能を使えばオンライン上にあるファイルを共有して、データの修正が可能です。書類を出先で閲覧&修正するのに大変便利です。

様々なオフィスソフトが月額で使用可能

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher&Access (この2つはWindows PC のみ)、更にOneDrive、Skypeが使用可能。

このソフト数を買い切り購入しようとするとオフィスビジネス(4万円近い金額)を購入しなければなりません。

オフィス365なら月額1,274円(年額12,744円)で利用できます。3年以上使用すると、月額利用の方が高価になりますが、オフィス365は最新版のオフィスに更新されるので、更新される度に最新版のオフィスを購入することを考えたら、オフィス365の方が安いと思います。

オフィス365を使ってみて

データをクラウド保存しておくと、出先でも同じデータを修正できるので、非常に便利です。外出が多い人に大変役立つ機能だと思います。

データ閲覧だけなら、タブレットやスマートフォンでも十分実用になると思いました。データ修正となるとタブレットくらいないと文字が小さく見づらいと思います。

最近端末の所有数が増えていますので、ライセンス管理がとても面倒になってきているので、月額支払い&データのオンライン管理ができるオフィス365は現代のニーズにかなり沿うものだと感じました。

できればもう少し月額が下がってほしいところです。一月千円を切る値段になってくれたらと思います。

しかし、いざ使用してみると、パワーポイントからアクセスなども使えるので、使えるなら使わないと勿体ないので、オフィスソフトのスキルアップも考えることができて良かったと思います。

アクセスはいつか扱えるようになっておこうと思っていたので、今後修練していきたいと思いました。加入するまでちょっと高価かな?と思っておりましたが、月額契約も悪くないと感じました。