BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Steamの同時接続ユーザーのピークが1800万人超え PUBGを筆頭にPCゲーマー大増加中

f:id:bto365:20180121144747j:plain

Steamの同時接続ユーザーのピークが1800万人を超えていることがSteamのユーザー情報からわかりました。

http://store.steampowered.com/stats/

PUBGを筆頭にPCゲーマー増加中

昨年2017年に大流行したPUBGを筆頭に、増加中です。PUBGのユーザー数の増加はとくに圧倒的でPUBGの知名度の高さを再認識いたします。

最近コアなゲーマーの方はゲーミングPCにまで手を出す人が増えているようで、PCゲーマーの私としては嬉しい限りです。

コンシューマーゲーム機でしかゲームをしなかった友人も数名ゲーミングPCに興味を持ちPCでもゲームをプレイするようになってくれました。

まだまだ日本ではニッチなPCゲーム市場

ユーザーが増えていると言っても、日本ではまだまだPCゲーマーの認知度は低いと思います。今はゲームと言ったらスマホで遊ぶことが殆どだと思います。

スマホはなんといっても、携帯電話という生活必需品として機能しているので普及率で言ったら相当なものですからね、コレは仕方ありません。

スマホでのゲームも遊び、コンシューマーゲーム機でもPCでもゲームを遊ぶ層を増やすことが必要だと思います。それぞれの魅力はそれぞれあります。

ゲーミングPCの敷居の高さは値段によるもの?

ゲーミングPCの値段は、高価なもので20万円以上となり天井は青天井です。スペックを求めればそれだけ高価になってしまいます。

しかし最近のゲームをプレイするだけなら、10万円もしないエントリーモデルのゲーミングPCでも充分動作します。

10万円は高い!という意見も聞こえますが、お手持ちのスマホだって最新式のモデルであれば10万円を超えるモデルは沢山あります。

もしPCゲームに興味があるならば、お手持ちのスマホを最新式のものでなく、ガラケーとSimフリーのタブレットに持ち替えていただければ、ゲーミングPCだってすぐに購入できます。

ガラケーの契約料も最低限であれば月々1,000円しません。更にSimフリーのタブレットも2万円~3万円で購入可能です。更に格安simであれば月々2,000円で契約可能です。

最新式のスマホを10万円で購入し、3大キャリアでの通信契約が月々1万円なんていう金額を考えて差し引きしてしまえば、あっという間にゲーミングPCも入手できてしまいます。

※ 家庭内のネットワーク代はどちらにしても契約していると考えての金額状況です。

そのことを考えたらゲーミングPCは逆に安いとすら思えます。なにせゲーミングPCであれば、PCでやりたいことが大体できてしまう性能を所有しているのです。

個人的な考えですが、目先の値段で考えるとスマホに分がありますが、長い目で見据えた場合ゲーミングPCの方がコスパが良いのでは?と思います。

更にSteamユーザーは増加する

個人的にはPCユーザーならびにSteamユーザーは今後もどんどん増加すると思います。マイニングを含め高性能PCを使用する人も増えていくと勝手に思っております。

Steamも大変便利ですが、PCゲーマーならSteamを筆頭にその他のゲーム販売サイトもあるので、是非活用して充実したゲーミングPCライフを送って欲しいと思います。

 

www.bto365.net