BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Windows10にアップデートした後にアサシンクリードオリジンズで出ていた不具合を解決しました

原因はよくわからなかったのですがWindows10にしてから出ていたアサシンクリードオリジンズの不具合を解決しました。

不具合の原因と解決方法の特定

Windows10にアップグレードしてアサシンクリードオリジンズのを起動すると、ずっとコントローラーとキーボードの操作が交互に認識されているようで、さらにマウスのホイールか右スティックが上方に入りっぱなしでした。

他のゲームでもこの不具合は起こるのか?ということを確認したら同様にアサシンクリード4でも起こっておりました。その他のゲームでは全く不具合が起こらないのです。

原因の特定のためにUSBデバイスをすべて抜いてみる

操作系統が悪さをしていそうなので、マウスやキーボードからUSBコントローラー各種を抜き差ししてゲームの挙動を調べてみました。

しかし、すべて一つ一つのUSBデバイスを抜き差ししても結果は得られませんでした。

USB機器のドライバをアンインストール

f:id:bto365:20180114181127j:plain

USB機器の抜き差しだけでは、どうにも挙動が直らなかったので、USB機器のドライバをひとつひとつ削除していくことにしました。

USB機器のドライバはどの機器がそのドライバであるか一目ではわかりません。ドライバの場所はコントロールパネル内にあります。

コントローラーパネルのデバイスマネージャーの中にあるヒューマンインターフェースデバイスという項目の中に様々なドライバがあります。

ヒューマンインターフェースデバイス(HID)とはUSB対応やBluetooth対応のキーボードやマウス、タッチパネルやコントローラー等の入力機器となっております。

このヒューマンインターフェースデバイスのドライバを片っ端から削除してみて、ゲームの挙動が修復されるか試してみました。

不具合の原因の特定

f:id:bto365:20180114181148j:plain

片っ端からヒューマンインターフェースデバイスのドライバをアンインストールしていってみたところ、悪さをしている機器が判明しました。

それは、古いアーケードコントローラーをつないでるUSB変換機が悪影響を与えていたようです。そのドライバをアンインストールした途端にアサシンクリードのゲーム挙動が改善されました。

ヒューマンインターフェースデバイスの対応機器が一目で見てわからないので、こんな面倒な対応になりましたが、今後は周辺機器を追加する際にはその日付をメモっておこうと思いました。(周辺機器を追加した日はプロパティに表示されるため)

アップグレードで何が起こるかわからない

Windows10のアップデートにて色々と不具合が起こっておりますが、特定が面倒なことだったので、もし同様の不具合が起こることがあったらご参考にしていただければと思います。

このままアサシンクリードオリジンズが遊べないのは苦痛だったので、今回不具合の原因が特定できて良かったと思いました。