BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

PUBGの砂漠ステージをベンチマーク計測してみました

f:id:bto365:20171231160429j:plain

いよいよバージョンプレイ1.0となったPUBGの砂漠ステージをプレイしてベンチマーク計測してみました

大人気ゲームPUBGが満を持してVer1.0になりました。追加ステージの砂漠ステージをプレイしてみました。

PUBG(砂漠ステージ)をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は解像度は1920 ×1080 ウィンドウモードで最高画質でプレイした比較状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20171231160439j:plain

GPU使用率はほぼ100%となっておりました。終始高い負荷がかかっており、GTX1060(6GB)で高画質プレイはかなり負荷が高いようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20171231160450j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量も非常に高く、5GBを超えるところもありました。今回1920×1080でプレイしましたが、もっと高い解像度であればGTX1060(VRAM6GB)ではつらいかもしれません。

フレームレート

f:id:bto365:20171231160458j:plain

フレームレートは、60fpsで表示されておりました。これといってカクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。ロビーの方が人が多いため負荷が高のかロビーでは50fpsとフレームレートは落ち込んでました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20171231160506j:plain

CPUの負荷は低く、大体40%程度で高いところで70%という数値でした。CPUにはあまり負荷がかからないようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20171231160515j:plain

ほとんど終始8GBという数値で、8GBを超える使用量のところもありました。

PUBG砂漠ステージのプレイ感想

f:id:bto365:20171231160528j:plain

砂漠ステージとなったので草木等が無くなり人が見えやすくなり負荷も軽くなるのか?と思いましたがそんなことは無く、相変わらず負荷の高いゲームでした。

今回バギーを拾うことができて、12位まで生き残ることができました。Verアップして乗り越えモーションなどもできてプレイしやすくなりました。

アップデートするたびに楽しみの増えるゲームだると思えます。砂漠ステージは隠れるところが少ないので、より難易度が増したような気がします。視界が開けて見やすい分、狙われやすいという緊張感が増してよりドキドキ要素が強くなったと思います。

何度もプレイしておりますが、アップデートをしても期待を裏切ることなく、しっかりと面白くしているゲームなので今後も人気が継続しそうだと感じました。

Xbox Oneでも発売されましたが、安定したフレームレートは出ていないようなので、今PUBGをしっかりプレイするならゲーミングPCが良いと思います。

最近見なくなった推奨PCもどんどん発売されていることから、このゲームが盛り上がっていることを思い知ります。TPSやFPSが苦手な私でも楽しめる良いゲームです。

 

www.bto365.net

 

www.bto365.net

 

www.bto365.net