読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

繋がりやすさと使い勝手がASUSギガビット無線ルーター「RT-AC1200HP」の使用感想

昨年無線LAN機器をNECのWG2200HPに変更したのですが、1月くらいからエラーが出ていて、更に3月上旬よりエラーが頻発し、つながらないことが増えてきてしまいました。

www.bto365.net

初期化などを実行し何度か対応をしたのですが、あまりにもエラーが頻発し、つながらないことが多い状況でした。

エラー内容はDNSアドレスエラーとなり、仕方ないので自分でプライマリDNSやセカンダリDNSを自分で変更するなど行ったのですが、こちらも善処せず。

PPPoEルータモードの接続先設定をしても善処せず・・・となって、自分ではなんともできない状況になったので、面倒なので器機を買いなおすことにしました。

DNSアドレスエラーになるのは、PS4やPS3などをつないだ後になりやすいので、ゲームをしないようにしていたのですが、最近ではゲーム機につながなくともエラーを出すようになりました。

ASUSギガビット無線ルーター RT-AC1200HPを購入

評判が良かったので、ASUSギガビット無線ルーター RT-AC1200HPを3月上旬頃に購入してみました。Amazonで4000円前後とお試しにしても安価なので、買うだけ買ってみました。

我が家の環境では、メインの有線LANがリビング1Fにあり、私のパソコン部屋は2Fの対角線上にあったので、とにかく無線LANの繋がりが悪いので少しでも電波状況の良い無線LANが良かったのです。

NECのWG2200HPにしてから、回線の速度事態は非常に良かったのですが、エラーが頻発するのが悩みの種でした。接続速度はNECのWG2200HPよりは遅いですが、エラーが出ないこととつながりやすいのが一番です。

RT-AC1200HPの使用感想

最初にSSIDやパスワードなど自分で設定する必要があります。直接パソコンに有線LANで接続して、説明書に書いてある特定のIPを入力すると接続完了です。

設定でSSIDやパスワード、その他の設定を行いましたところ、無事ネット開通、そしてそれぞれの端末に設定をしました。

5GHz帯域も対応しているので、iPhoneなどの機器も快適に接続できるようになりました。更にメインのパソコンは無線LAN子機にもなるW500Pをそのまま使用しました。

W500Pはエラーを出すこともなく、それなりに価格もしたので勿体無いので再使用することにしました。説明書にある、子機使用での設定を行いました。(こちらも特定のIPにて本体に接続して設定する必要があります。)

子機の設定が終わり無事RT-AC1200HPに5GHz接続が完了し、そして、接続するとDNSエラーになりやすかったPS4とPS3をドキドキしながらネットに繋いで見ましたが、無事エラーも出さず快適な環境でネット生活できるようになりました。

結局DNSアドレスエラーが出る原因の特定にならないまま、WG2200HPを変更することでしか改善が見られませんでした。

とりあえず3月上旬から使用開始をしてから今までの間、一回もエラーを出すことなく頑張ってくれているので、今回この感想記事を書きました。

接続回線はWG2200HPよりも遅く数十GBもある、ゲームをダウンロードするとなるとちょっと時間がかかりますが、エラーが無く接続も切れないのがネット環境では一番のことですので、価格も安価なこともあり満足をしております。