BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

スマホだけでなくタブレットPCやタブレットにも使える!モバイルバッテリーは一人一台の時代に

ポケモンGOの人気で一躍注目を集めましたが、最近スマートフォンやタブレット、タブレットPCのバッテリーの消費が著しく感じたことは無いでしょうか?

段々と、バッテリーも劣化してきて、スマートフォンの充電などは1日で切れてしまう場合もあります。

外出先で、使えない!なんてことにならないためにも、スマートフォン以外にも、タブレットPCやタブレットなどでも使えるモバイルバッテリーを所持しておくと便利です。

モバイルバッテリーの購入にあたって。

モバイルバッテリーと一口に言っても、値段も様々です。安価なものでは数千円、高価なものは一万円近くするものがあります。

どういったモバイルバッテリーを選ぶのが賢いのでしょうか?モバイルバッテリーの購入の際に気をつけたいことを書いていきます。

容量は大きければ良いというものでもない?

容量は使用状況にあったものが一番良いです。確かに大容量なものがあれば安心ではありますが、その分大きかったり、重かったりしてしまいます。

1日にどれほど、スマートフォンやタブレットなどを使用するか?によりますので、自分にあった容量を選びましょう。

スマートフォンなどでは1日1回の充電が必要だとしたら、3000mAhくらいの容量で十分だと思います。

しかし、頻繁に充電が切れてしまうようであれば、5000mAhの容量のもの、さらに複数台持ち、タブレットPCやタブレット所持者であれば10000mAhや20000mAhといった大容量のモバイルバッテリーが必要となります。

過充電中は、余分な電気の放電と放電後にまた充電を繰り返し、バッテリーがどんどん劣化します。そういった理由で過充電はよくないのです。

なので、モバイルバッテリーを付けっぱなしにする。という行為を大容量バッテリーで行ってしまうと、バッテリーの劣化が進んでしまいます。

出力電流にも注意が必要

モバイルバッテリーなんてどれも一緒と思うと、痛い目に合います。

実は同じ容量でも、今度は出力する電気の量が違うのです。

モバイルバッテリーの性能欄に書かれる、出力電流が1Aか2A以上かでも充電時間が変わってきてしまいます。

出力が多ければ、それだけ、スマートフォンなどに多くの電気を充電できます。いくら容量が大きくても1Aで充電していたら、いつまで経っても充電が終わりません。

入力電流にも注意が必要

先程とは逆で、充電器に充電できる電気の入力電流の値です。

これも多い方が良いです。いつまでたってもモバイルバッテリーに充電しきらない・・という場合にはこの値が低いモバイルバッテリーの可能性があります。

オススメのモバイルバッテリーは?

上記のことを踏まえておりますが、私は大容量のオススメモバイルバッテリーを紹介します。

DP-MB10000BK

10000mAhという大きな容量で、更にクイックチャージにも対応しております。(入出力ともに2.0A以上)

USBポートも2つあり、重量も221gと軽量ですし、サイズも小さいので、携帯がしやすいです。

>> DP-MB10000BK

RAVPower 26800mAh

タブレットPCやタブレットなどを多用する人にオススメしたい超大容量モバイルバッテリーです。

USBポートも3ポートあるので、複数台持ちも安心です。勿論クイックチャージにも対応しております。

>> RAVPower 26800mAh

以上のことに気をつけて、モバイルバッテリーを購入していけば、外出先でも安心して、スマートフォンやタブレットPCやタブレットを活用できると思います。