BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

ゲームで納得のいかない難易度変更システム5選

f:id:bto365:20220121122745j:plain

ゲームの中には難易度が段階的に分かれているものがあります。今回は私の中で納得のいかない難易度変更システムを挙げていきます。イージー、ノーマル、ハードといった難易度変更があることで、プレイヤーの間口を広げたいのは理解できるのですが、そんな難易度の調整で大丈夫か?と思ってしまうことも多々あります。

納得のいくものよりも、今回は納得いかないシステムを挙げていきます。これらのシステムを使ってないゲームが私個人の好みでもあります。

中には好きなゲームにもココに挙げたシステムを採用しているものがありますが、できれば無い方が良いと感じてしまいます。

個人的に苦手な難易度調整要素

ダメージのみの難易度変更

最近では女神転生3や5に搭載されておりましたが、イージー、ノーマル、ハードといった難易度での変更点がダメージのみというものです。私は歯応えを感じたいので、ハードを選ぶことが多いのですが、ダメージ計算のみしか違わないというのは、なんと面白みの無い調整だと思います。ダメージのみですと手数と時間だけを浪費して難しさを感じる気がして、気持ちの良い調整だとは思えません。アクションゲームでも、同じ攻撃を避け続けるだけで、ただただ硬いボスを相手するというのも『もう面倒くさいだけじゃないか』と思ってしまうので、やめていただきたいと感じます。やはり敵の繰り出す攻撃が多彩であったり、敵の配置が変わっていることで難しいという設定のシステムですと、ハードモードを選んだ意味を感じられます。ハードならではの要素を見せてほしいものです。

攻撃はヌルイけど、ダメージがでかいから当たったら危険というのは、事故に感じてしまいます。同じ作業をしてリスクだけ高いというのも納得がいかないものです。

理不尽と難しいを履き違えている

たまに見られるのが、難易度ハードにすると絶対にダメージを食らってしまう攻撃や敵の配置がとられるゲームです。上述したダメージだけというよりはマシではありますが、しかし、どうやっても躱せない攻撃をしてくるとか、そんなの人間には無理だろ!というような調整をしてくるゲームは、ため息が出てしまいます。プレイヤースキルを上げればどうにかできるというものなら納得はいきますが、プレイヤーのスキルをどう上げても防げない攻撃をしてくることをハードとするのは、私は違うと感じます。

札束と運の力でなんとかなる

私がスマホゲーやガチャゲーをやらない要因としては挙げられるところですが、課金要素と運の力があれば、プレイヤースキルは全く関係無いというゲームは、やる気がそもそも起きなくなってしまいます。私はプレイヤースキルが問われるゲームが好きで、決してゲームは上手ではないですが、ゲームでコツコツと自分の成長がみられるのが楽しいと思っております。運ゲーや課金ゲーは、その要素がほとんど無く、運や課金で得たキャラをもってボタンだけ押していることが多いです。『毎度毎度、これは自分がやる必要あるのか?』と感じてしまいます。自分の成長も一切見られないので、納得のいくはずもありません。有料DLCで強い武器を買うというくらいなら良いですが、ぶっ壊れキャラが課金ガチャで出現して無双できてしまうというのは、なぜか納得がいきません。

レベル補正が激しすぎる

そもそもレベルでなんとかしてしまうゲームがあまり好きでないので、レベルによる補正が入ってしまうゲームは苦手です。私はとくに低レベルクリアや初期装備クリアなんかを頑張ってしまう性格なので益々そう思ってしまいます。とくにRPGではレベル上げは経験値を稼ぐという時間だけでなんとかしてしまう『作業』のようなものに感じてしまうので、作業でゲームをすること自体が納得いきません。その『作業』の成果と言えばそうなんですが、1レベル違うだけで補正が変わりすぎると『レベルを上げなければならない』という拘束のような気がして楽しめなくなってしまいます。

救済措置の為に超優しいモードの追加

こちらもアト〇ス系のゲームに多いのですが、難易度が高くて面白いゲームだったのに、難易度ベリーイージーなんて追加されてしまうと興が削がれてしまいます。『買ったからには自分にもクリアさせるべき』という人が増えている気がします。使わなければよいだけですが、個人的には救済措置が当たり前になるのは、ちょっと物悲しい気がします。

プレイヤースキルを問われたい

私はゲームを遊ぶからにはプレイヤースキルを問われ、上達していくことが楽しめるゲームが好きです。ですので、難易度の変更にはプレイヤースキルが関わってほしいと感じてしまいます。できればハードモードにすると敵の知能が嫌らしくなったり、敵の配置が変わっているなんていう凝った仕様だと嬉しいです。さすがにそういった調整はゲーム制作者の負担になってしまうので難しいとは思うのですが、折角難易度を変更するのですから、それなりの楽しみもあってくれると嬉しいと感じました。プレイヤースキルを問われるゲームは嫌いだ!という人もいるから、多分今後も上述したゲームは発売されると思いますが、なんとか上手で楽しめる納得のいく難易度変更システムが生まれてくれたらと思います。