BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

2021年グラボの売り切れが続出中!グラボ不足が深刻化

f:id:bto365:20210226132647j:plain

2021年も年明けから数ヶ月、グラボもRTX3060やRTX3060Tiなどのお手頃な性能な物も発売されました。これでクラボの選択肢が増えるかと思いきや、市場ではグラボ不足が深刻になってきています。RTX3080は、全く市場には現れず、RTX3060関連も発売しては売り切れとなってます。最近では、中古のグラボまで枯れかけて来ているようです。

何故こんなに需要が上がっている?

なぜ、ここまでグラボの需要が上がっているのか?という理由を探ってみました。

ゲーミングPCの需要上昇

一昔前までは、コンシューマーゲーム機でも、まともに動作していたゲームが、サイバーパンク2077が有名ですが、まともに動作しない環境になっています。しかも、次世代機であるPS5もX BOX Series Xも買えないということで、ゲーミングPCの需要が大幅にアップしています。また、YouTubeからの情報で子供達もゲーミングPCを欲しがり、需要が上がっています。そして、コロナ禍の中、リモートワークする人たちが増え、スムーズなデスクワークのために、ゲーミングPCを購入する人もいるようです。このため、ゲーミングPCの需要が上がり、グラボの需要も上がってしまっているようです。確かに、RTX3080を搭載したゲーミングPCは、ここ最近ずっと売り切れなんですよね。

マイニング需要の再燃

また最近、仮想通貨が値上がりしているということで、マイニングブームが再燃しているようです。GTX1060やRX580あたりが売り切れ続出だった時代がまたやってきているそうです。どうやら、電気代などを考えても、今の所黒字なのだそうで、海外のマイニング市場が盛り上がり、日本国内のグラボを購入され海外に輸出されているということです。RTX3060はマイニングで使用すると性能が半減するようですが、今後のゲーム用グラボ全体がそうなってくれるまでは、在庫が枯渇する日々が続く可能性があります。

半導体不足

そもそもの大元である半導体が不足しており、グラボだけに留まらない話にもなってきています。コロナ禍の中で巣ごもり需要で多くの家庭用の電子機器が売れるようになり、生産が間に合っていないようです。この影響はグラボのみならず、車にまで影響しているようです。

買えるうちに買っておいたほうが良い

一生懸命メーカーさんも生産されているようですが、まだまだ需要と供給のバランスが保たれていないようです。そろそろ間に合うか?なんて言われてもいますが、早く欲しい人にとっては、待ってもいられない状況です。私もRTX3080が安くなったらグラボを新調しようかな?なんて思ってたらこの有様です。

今のところ、RTX2070でも特に不満は無いので問題はないですが、数年前のグラボを使って本格的に買い替えを考えていた人にとっては死活問題でもあると思います。

酷い言い方かもしれませんが、性能が微妙なRTX3070も品薄になってきているようなので、迷っていたらなくなってしまうなんてことも考えられるので、懐具合を考えながら、自分に合ったグラボは一台は確保しておきたいところです。

グラボのみよりは、ゲーミングPCを一式揃えたほうが入手はしやすそうな気がします。