BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Bloodstained Curse of the Moon プレイ感想

f:id:bto365:20191206150246p:plain

Bloodstained Curse of the Moonを遊んでみました。

Bloodstained Curse of the Moonをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:クロック数2Ghz以上
  • メモリ:2GB以上
  • GPU:VRAM512MB以上
  • ストレージ空き容量:0.5GB以上

普通のPCかエントリーモデルのゲーミングPCがあればプレイが可能になりそうです。

www.bto365.net

Bloodstained Curse of the Moonの評価

Bloodstained Curse of the Moonの良いところ

  • 昔ながらの8bitゲームの雰囲気が良く出ている
  • ボス戦の駆け引きが楽しい
  • 仲間の切り替えをしてのステージ攻略が楽しい

Bloodstained Curse of the Moonの気になったところ

  • ジャンプの軌道が空中で制御できない
  • 操作の反応がよくない

それぞれの感想

f:id:bto365:20191206150254p:plain

グラフィック

ファミコン風の8bitグラフィックです。しかしゴチャゴチャはせずにスッキリとみられるようになっています。

操作性

わざとそうしているのかわかりませんが、動きがスムーズではありません。とくに一度ジャンプをしてしまうと制御できないというのがとてももどかしいです。

ファミコン世代だったら懐かしく思えますが、今はちょっと理不尽に感じるかもしれません。

ゲーム性

f:id:bto365:20191206150302p:plain

ゲームを進行すると、色々なキャラクターを仲間に(最大4人)することができます。仲間にしたキャラクターは攻撃方法や特殊攻撃や操作が変わります。

ステージギミックや敵の配置がキャラクターを切り替えることで有利・不利に変わるので、その変更をしつつステージクリアするのが楽しいです。

ボタン配置は、任意で決定できるというか、ゲーム起動時にいきなり設定させられるので、間違ったボタン配置にすると戸惑います。(オプションで変更可能です。)

爽快感・達成感

ファミコン時代風のゲームづくりなので、爽快感よりは達成感寄りのゲームになっています。

難易度は高めなのでアクションゲームが不得意な人は難易度カジュアルモードを選んだ方が良いでしょう。難易度変更によるペナルティなどもありません。

このゲームはオススメ?

悪魔城シリーズが好きなら楽しめると思います。ファミコン風のゲームなので、ファミコン時代の面倒な難易度に不慣れな人にはオススメできません。

とくにジャンプの挙動が制御できないのは、今の時代では結構なストレスと感じる部分だと思います。

個人的総合感想

f:id:bto365:20191206150310p:plain

どうしてもジャンプの挙動を制御してしまおうとするので、その点で落下死をしてしまいます。慣れるまではイライラしてしまうことも多かったです。

慣れたら結構サクサク遊べるので、慣れるまでは大変です。2人目のキャラを仲間にしたあたりからサクサクと遊べるので、それまではチュートリアルと我慢するほうが良いでしょう。

段々難しさが癖になりますし、ボス戦は初見殺しな面もありますが、しっかりと攻略をしていくことが楽しいゲームです。