BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Rage 2にオススメなゲーミングPC

f:id:bto365:20190510132445j:plain

2019年6月6日にリリース予定のRage 2を快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Rage 2をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-3570またはAMD Ryzen 3 1300X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 780またはAMD Radeon R9 280以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-4770またはAMD Ryzen 5 1600X以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070またはAMD Radeon RX Vega 56以上
  • ストレージ空き容量:50GB以上

推奨環境ではハイスペックゲーミングPCで快適にプレイが可能になりそうです。

スペック不足のゲーミングPCでプレイした際の弊害は?

映像がスローモーションになる、カクカクになるなどの症状が出ます。低画質では美しいグラフィックも味わえなくなりますしPCで遊ぶ意味もなくなります。

最悪PCスペックが不足すれば、ゲーム中にハングアップして途中でゲームが停止します。もとよりゲームが起動しないこともあります。

スペックを満たしたゲーミングPCでプレイした際の恩恵は?

高画質のグラフィックと、高いフレームレートを維持できるようになります。美麗グラフィックのオープンワールドゲームは、高性能なゲーミングPCがあると快適な動作とローディング環境を得られます。

Rage 2をプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XF

CPUはCore i7-9700Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2070を搭載、メモリは8GBを搭載しております。

メインストレージはNVMe接続の512GBなので、データの読み込みもスムーズになります。FHD画質であればRAGE2を遊ぶのに十分な性能を持つハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア XFの詳細

ガレリア ZZ i9-9900KF

CPUはCore i9-9900KFを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは16GBを搭載しております。

こちらもメインストレージはNVMe接続の512GBなのでデータの読み込みはスムーズで、更にグラフィックボードがRTX2080Tiなので4K画質でも高いフレームレートを維持できます。

>> ガレリア ZZの詳細