BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Cities SkylinesにオススメなゲーミングPC

f:id:bto365:20180727150815j:plain

Cities SkylinesにオススメなゲーミングPCを紹介したいと思います。

Cities Skylinesをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Window7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core 2 Duo, 3.0GHzまたはAMD Athlon 64 X2 6400+, 3.2GHz以上
  • メモリ:4GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 260またはATI Radeon HD 5670以上
  • ストレージ空き容量:4GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Window7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core i5-3470, 3.20GHzまたはAMD FX-6300, 3.5Ghz以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 660またはAMD Radeon HD 7870以上
  • ストレージ空き容量:4GB以上

Cities SkylinesをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180727150832j:plain

GPU負荷率は60%程度でした。そこまで負荷は高くないようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180727150844j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は4GB~4.5GBとなっていました。エントリーモデルのゲーミングPCではやや高い負荷なので余裕を持つならミドルスペックのゲーミングPCが欲しいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20180727150910j:plain

フレームレートは、60fps程度で表示されております。街のオブジェクト等が増えるとフレームレートが下がるようです。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180727150923j:plain

こちらは30%~40%程度となっており、CPUへの負荷もあまり高いゲームではないようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180727150951j:plain

メモリは常に8GBを超える値となっておりました。もし、MOD等を導入するのであれば、16GBのメモリは搭載しておきたいところです。

ミドルスペックのゲーミングPCであれば、快適な動作でプレイできるようです。今後MOD等を入れることを考えると、ハイスペックゲーミングPCでのプレイが良いかもしれません。

Cities SkylinesをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているので推奨環境も満たすこともできます。MOD等を入れない状況でしたら安定したプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細

ガレリア ZV

GPUはGTX1070Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しています。できればメモリは16GBに増設したいところです。MOD等も入れて楽しみたいのであればこのハイスペックゲーミングPCが良いでしょう。

>> ガレリア ZVの詳細