BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

DMMいろいろレンタルにMRヘッドセットが登場!手軽にMRを体験するチャンス

VRを更に高性能にしたと言われているMRですが、いまだVRの域は出ておりません。

しかし、それでもMRを体験したいという人はいる筈です。しかしながら体験をさせてもらえる場所が近場に無い人はどんなものか試せないと思います。

http://www.dmm.com/rental/iroiro/-/list/=/article=type/c2=j/id=530/sort=date/

DMMいろいろレンタルにMRヘッドセットが登場

以前htc Viveのレンタルが開始されたことを書きましたが、なんと今回はMRヘッドセットのレンタルができるようになっているということです。

 

www.bto365.net

レンタルできるMRヘッドセット

MRヘッドセットは色々でておりますが、レンタルできるのは3月上旬現在でDELL、富士通、HP、エイサー、レノボ製の5種類あります。

殆どのMRヘッドセットをレンタルできるので、一番気になるものをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

気になるお値段

MRヘッドセットのレンタル料金ですが5日間で1万円と、htc Viveのレンタルと比較するとかなりリーズナブルになっております。

しかし、今回のMRヘッドセットのレンタルにはPCは含まれていないので、MRヘッドセットが使えるPCを所有している必要があります。

 

www.bto365.net

必要なPCスペック

MRヘッドセットですが、今回レンタルするにあたりPCは自己所有のものになるので、対応するPCスペックが厄介であると言えます。

推奨動作スペック

  • OS:Windows10でWindows 10 Fall Creators Updateを適用済のもの
  • CPU:コアを6つ以上搭載したIntel Core i7 第6世代以降(Skylake以降)以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce 1060以上
  • ストレージ空き容量:10GB以上
  • ポート:HDMI2.0以上、USB3.0以上&BlueTooth4.0以降

これだけの要求があるので、古いOSを搭載しているPCやスペック不足のPCでは折角レンタルをしてもまともに動作しないことも考えられます。

 

www.bto365.net

まとめ

MRヘッドセットのDMMレンタルにはお手持ちのPCのスペックを良く確認する必要があります。スペックを良く確認してからレンタルするようにしましょう。

レンタルさえしてしまえば、VRヘッドセットとはまた一味違った体験ができるコンテンツもあります。

高価なヘッドセットですので、いざ設置したらスペース不足でうまく動作しないなんてことも考えられます。一度自宅で実際に取り付けて遊んでみる価値は十分にあると思います。