BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

GPD WinとPS4リモートプレイを使用して外出先でモンスターハンターワールドをプレイしてみました

f:id:bto365:20180209185214j:plain

大ヒットしている神ゲーモンスターハンターワールドを外出先でもプレイしたいというのは誰もが考えることだと思います

私も以前考えたのですがGPD WinでのPS4リモートプレイの使い勝手の悪さに一度挫折したのですがので、実現するために再度トライしてみました。

 

www.bto365.net

GPD Winを使って外出先でモンスターハンターワールドを遊ぶために必要なもの

PS4とモンスターハンターワールドのソフト

コレが無ければ始まりません。更に自宅でPS4をインターネットに繋いでおく必要があります。その際は無線接続ではなく有線接続がオススメです。

1024×768以上の解像度のあるモニター

PS4リモートプレイをGPD Winにインストールするために必要です。GPD Winの解像度ではPS4リモートプレイをインストールする際に解像度が足りないと警告が出てインストールできないのです。

しかし、私も後で気付いたのですが一度PS4リモートプレイをインストールしたら、解像度が不足してもPS4リモートプレイは起動できるのです。

ということで、一度GPD Winのメインモニターを高解像度のモニターとして、PS4リモートプレイをインストールしてしまいましょう。インストールさえ終わればモニターは有っても無くてもかいません。

デュアルショック4

PS4リモートプレイを実行するためには、デュアルショック4をGPD Winに接続しなければなりません。これは必須アイテムのためどうしても必要です。

安価なデュアルショックもどきを使っても認識されないことがあるので、しっかりと正規品を購入した方が間違いはありません。

また、GPD Winとデュアルショック4の接続はデータ通信のできるマイクロUSBケーブルまたは評判は良くなさそうですが無線レシーバーを購入する必要があります。

テザリング等のWi-Fi通信環境

PS4リモートプレイをするには通信環境は絶対必要です。できるだけ回線速度が得られる環境が必要だと思います。

ゲームコントローラーマウント

外出先で立ってプレイしなければならないときには、デュアルショック4とGPD Winとの固定が必要です。

エクスペリア用に出ているものが使えればベストであると思えますが、吸盤接続なのでちょっと怖いかもしれません。

実際にやってみた

机上の空論でも仕方ないので、上記の環境をなるべく備えてモンスターハンターワールドを外出先でPS4リモートプレイで遊んでみました。

私が準備したのは予めPS4リモートプレイをインストール済みのGPD Winとデータ通信可能なマイクロUSBケーブルをデュアルショック4に接続しました。

ネット環境はmineoのsimカードを入れたASUS ZenPad 8.0 Z380KNLを使用してのテザリングでのオンラインプレイです。PS4においては自宅で有線LAN接続にてスタンバイモード中のPS4です。

 

www.bto365.net

操作の快適度

操作についてはデュアルショック4なので、いつも慣れた操作で快適です。他のコントローラーの使用感は試してもいませんし、デュアルショック4として認識してくれるか定かではありません。

通信環境の快適性

テザリングプレイで、もしかして動作がカクカクでとてもじゃないけどクエストにならないんじゃ?と思っておりましたが、そんなことは全くなく普通にプレイすることが可能でした。

極稀に、ラグがあったり画面の色がおかしくなったりする場面もありましたが、気にするほどでもありませんでした、通信環境さえ整っていれば充分プレイできると思います。

画面の見易さ

GPD Winの液晶は5.5インチしかないので、細かいところは正直よく見えない部分もあります。MAPもみづらいですし、小さな文字は読めたものではありません。

もっと大きな画面表示をしたいなら、GPD Winに外付けのモバイル液晶でも備え付けるしかありません。

通信量

f:id:bto365:20180209185235j:plain

小1時間ほどプレイしてみましたが、通信量は807MBほどかかっておりました。何が一番大変って通信料の方が大変かもしれません。

1ヶ月7GB制限と考えても、十数時間プレイできれば良いところでしょうか?毎日通勤電車でモンスターハンターワールドをプレイするとなれば、ものすごい通信量となり通信料が嵩むと思います。

GPD Winでモンスターハンターワールドは現実的?

外出先でも無料Wi-Fi等が使えるなら充分遊べると思います。テザリング等では通信量が膨大なので通信料の方がかなりかかると思います。

そういった費用の面が問題ないのであれば、外出先でGPD Winを使用してモンスターハンターワールドをプレイするのは充分アリだと思います。思った以上に快適で、私もびっくりしております。危険性の無い無料Wi-Fiスポットがあるなら十分活躍してくれると思います。

これでPS4リモートプレイがPCコントローラーも認識するようになりGPD Winのコントローラーが使用できれば言う事無しなのですが、現状仕方がありません。

リモートプレイを使えば擬似的にローカルプレイも可能

このリモートプレイ機能+GPD Winを使えば、擬似的に友人宅でローカルプレイも可能です。据え置きじゃローカルプレイで遊べない(涙)なんて言っている人に試して欲しい方法です。

友人に許可を得て無線LANを使わせてもらえば、通信料を気にせずローカルプレイで遊べます。GPD WinでなくともPS4リモートプレイが起動するノートPCであれば実現も可能です。

やっぱりモンハンはローカルプレイじゃないと!なんて言っている人に、一度試してみて欲しいと思います。通信環境さえ良ければ問題なくローカルプレイが楽しめますよ。