BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

29インチウルトラワイド液晶を購入して1年経過しての感想

f:id:bto365:20180109141608j:plain

29インチウルトラワイド液晶である【LG 29UB55-B】を購入してから1年が経過したので使用した感想などを書いていきます。

 

www.bto365.net

1年間使用した29インチウルトラワイド液晶の満足な点と不満な点

満足な点

視野が広くなりゲームが段違いにプレイしやすい

16:9の上を行く21:9という視野の広さのおかげで、FPSやTPSやカーレースゲームにて恩恵を得ております。普段ではゲーム内カメラを動かさなければいけないところも、21:9のモニターであれば一気に見渡すことが可能です。

とくにFPSでの3D酔い軽減に役立っていると思います。このモニターのおかげもあってFPSがプレイできているというところもあると思います。

更にモニターを横に1枚追加すると圧倒的な視野の広がりを感じられます。

 

www.bto365.net

1台でもマルチモニター扱いが可能

このモニターは入力切替にて2画面出力が可能になっております。1台でPCのマルチモニター扱いにするもよし、左側をPCにして右側をPS4なんていう芸当も可能です。

1台のモニターで2役可能なので、作業効率も上がり更に省スペースにまで貢献しております。このモニターと更に1台モニターがあるとときにはウルトラワイドモニター+1モニター、ときにはトリプルモニターとして使用できて重宝します。

意外に対応しているゲームも多い

最初は2560×1080という解像度に対応しているゲームは少ないだろうと、あまり期待を抱いてなかったのですが、最近のゲームのほとんどは対応されておりました。

4Kにも対応しているので当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、アスペクト比がおかしい状態でプレイするようなゲームは無かったと言い切っても良いくらいです。

対応していないゲームが多かったらウルトラワイドの意味が無いと嘆くところですが、そんなことは無かったです。

不満な点

湾曲モニターを買えば良かった

やはりもうちょっと金額を出して湾曲モニターにすれば良かったと言う後悔の念は消えません。

TPS程度でしたらそこまで感じないのですが、カーレースゲームやFPSをプレイしているときには『湾曲してたらな~』と思うところがあります。

34インチを買えば良かった

こちらももうちょっと奮発して34インチを購入すれば良かったと思います。文字やグラフィックが緻密なゲームであればあるほど思ってしまいます。

不満もあるが満足感が大きい

もう少し奮発して34インチ湾曲モニターのウルトラワイド液晶を購入すれば良かったという気持ちもありますが、ウルトラワイドモニターについては満足感が大きいです。

液晶2枚買うよりも省スペースですし、利便性も大きいと思います。なんと言っても液晶2枚だと発生するベゼルが無いのが良いです。

4Kモニターも欲しいところではありますが、ウルトラワイドモニターは購入して不満だったということは全く無いです。パノラマのゲーム世界は結構見渡しやすいですし、気持ちが良いと思えます。