BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Windows10でXbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)を使ってみました

f:id:bto365:20171218145038j:plain

 以前Windows7でXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを設定してみましたが、今回はWindows10で設定をしてみたいと思います。

www.bto365.net

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)とは

通常PCでは認識できないXbox360ワイヤレスコントローラーを使用するためのアダプターです。

純正品とパチモンがあり、純正品にいたってはWindows10であればUSBポートに接続しただけで認識されます。

しかし、パチモンは非正規品なのでUSBポートに差し込んでも【不明なデバイス】扱いされてしまいます。

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)のドライバ

Windows7の場合は公式から専用のドライバをダウンロードする必要がありましたが、実はWindows10は内蔵されているドライバで対応が可能です。

しかし、何故か不明なデバイス扱いとなってしまいます。そこでいくつかの設定が必要なので、そちらを今回紹介します。

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)の設定方法

まず、デバイスマネージャーを開きます。Windows10でのデバイスマネージャーの開き方は、タスクバーにあるWindowsマーク(【田】みたいなマーク)上でマウスの右クリックをします。

そうしますと、デバイスマネージャーの項目が現れますのでデバイスマネージャーを開きます。デバイスマネージャーを開くと、Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)が不明なデバイス扱いをされております。

不明なデバイスを右クリックし『ドライバーソフトウェアの更新』を選択します。さらに『コンピューターを参照してドライバ ソフトウェアを検索します。』を選択しましょう。

さらに『コンピューター上のデバイスドライバの一覧から選択します。』を選択すると『次の一覧からデバイスの情報を選択してください。』という項目が現れます。

各種項目の中から『Xbox 360 周辺機器』を選んで『次へ』をクリックします。そうしますと対応するコントローラー一覧が現れます。

そして『このハードウェアのためにインストールするデバイスドライバを選択してください。』という一覧の中から『Xbox 360 Wireless Receiver for Windows バージョン~~』が出るので、選択しましょう。

非正規品なのでエラー音が鳴りますが気にせずインストールします。ここまで問題が無ければ無事Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)が使用可能となる筈です。

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)の利点

なにより安いことがXbox360ワイヤレスコントローラーアダプター(非正規品)の利点です。パチモンなのですが、使用には充分耐えられます。

さらにXbox360ワイヤレスコントローラー自体も中古等ですと安価で購入できるので、なるべくコントローラーの費用を抑えたい人は、コチラの使用で充分だと思われます。

Xbox 360 ワイヤレスコントローラー

Xbox 360 ワイヤレスコントローラーがPCで使えるレシーバー