BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Windows7でXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを購入してXbox360ワイヤレスコントローラーを使ってみました

f:id:bto365:20170816160131j:plain

手持ちのXbox360ワイヤレスコントローラーをPCで使用したかったので、この度Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを購入してみました。

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプターとは

Xbox360ワイヤレスコントローラーは、通常Xbox360で使用するためPCでは認識されません。しかしXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを使うことによってPCにXbox360ワイヤレスコントローラーを認識させることができ、最大4つのXbox360ワイヤレスコントローラーまたはワイヤレスマイクを認識させることが可能です。

このXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターは日本では売っておらず、輸入品をAmazonなどで購入することが可能です。

正規品ではない場合もある

実はこののXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターですが、取引業者によっては正規品で無い場合もあるようです。正規品でない場合は、PCで認識されず不明なデバイス扱いされるようです。

私も実は正規品ではなかったのかUSB端子に接続しても、不明なデバイス扱いをされてしまいました。付属しているドライバーCDも認識せず、不明なドライバーなので実行できません。と出てしまいインストールできませんでした。

公式からドライバーをダウンロード可能

f:id:bto365:20170816160149p:plain

これはやってしまったのか?と思ったのですが、どうやらこのXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターのドライバーは公式からダウンロードできるようです。

公式のコチラのHP(https://www.microsoft.com/accessories/ja-jp/d/xbox-360-wireless-controller-for-windowsからWindows7以降64Bit形式をダウンロードすればWindows7 64Bit以降のOSでXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを認識できるようになります。

ZIPファイルをダウンロード後解凍して、インストールすればMicrosoft Xbox360 Accessoriesがインストールされます。インストールされたら一度PCを再起動させましょう。

それでも不明なデバイス扱いされる

ということで、スタート⇒コントロールパネル⇒デバイスマネージャーから不明なデバイス扱いされているXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターを認識させる必要があります。

不明なデバイスを右クリックして、ドラオバーソフトウェアの更新を選択します。その後コンピュータを参照してドライバーソフトを検索するを選択しましょう。

ドライバーは通常であれば、Cドライブのプログラムファイル中にMicrosoft Xbox 360 Accessoriesのフォルダが作成されているので、そのフォルダを選択します。問題が無ければそれでXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターが認識されるはずです。

勿論正規品のXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターであれば、こんな手間はかからないのですが、今回正規品ではないものを購入してしまったようなので、面倒でしたが仕方ありません。

あとはXbox360ワイヤレスコントローラーを認識させるだけ

Xbox360ワイヤレスコントローラーアダプターの緑色の光が点滅するまでボタンを押します。その後Xbox360ワイヤレスコントローラーの中央のXboxマークのボタンを押し、その後コントローラー上部にあるワイヤレスボタンを長押しします。

Xbox360マークの周りにある緑色の光が回転するように点滅し、無事Xbox360ワイヤレスコントローラーが認識されるようになれば対応したコントローラープレイヤー数(1プレイヤーなら左上部分の光)が点灯します。

私もこの一連の作業で、やっとXbox360ワイヤレスコントローラーアダプターが使えるようになりました。最近Xbox360もさっぱり起動させておらず、Xbox360ワイヤレスコントローラーが勿体無いと感じていたので、今回PCで使用できるようになりコントローラーストックが増えてよかったと思います。

もし、Xbox360ワイヤレスコントローラーが余っているようでしたら、この方法でPCで使用するのも十分アリだと思います。