BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

マルチモニターの2枚目以降は1枚縦置きを推奨したい4つの理由

f:id:bto365:20171113192400j:plain

マルチモニターを導入してから数年経過しておりますが、マルチモニターと言うと横モニター2枚という方、横モニター3枚という方も多いです。

しかし、マルチモニター2枚目以降の1枚をひとつ縦置きにすることを私はオススメしたいと思います。

マルチモニターの縦置きを推奨したい理由

WEB閲覧が捗る

『WEBサイトは縦長のサイトがほとんどである。』というのがWEBを巡回していて感じることです。いつもマウスのスクロールボタンをくるくると回している人、タッチにてスイッスイッと上にスクロール人が多いと思います。

しかし、縦置きであれば、このWEBサイトの情報をスクロールする必要がありません。一気に閲覧可能です。とくに仕事などで、資料である情報を見る際にとても便利です。マルチモニターを更に便利に活用できます。

エクセルやワードの閲覧も楽

エクセルであれば、情報量の多い表も一気に表示できます。ワードであれば長文も一気に表示されます。コピペも楽です。参照も楽です。とにかく楽々になります。

SNSも見やすい

Twitterやインスタグラムって、スマートフォン準拠で作られているので、閲覧するためのインターフェイスも縦長画面準拠で作られております。

しかし、縦画面を使用していれば、SNSを見るのも非常に楽で、流れるタイムラインや写真の閲覧なども多いに捗ります。情報を見逃さないために活用したい方法です。

スマホ対応のブラウザゲームの表示も快適

最近スマホ準拠で表示される縦画面準拠のブラウザゲームも、縦画面なら見やすいです。タッチ対応のディスプレイですと、更に楽々操作になります。

縦画面のデメリットはある?

縦画面にするデメリットは、動画サービスなどは横の長さに合わせて表示が小さくなることです。しかしマルチモニターであれば、動画の表示は横画面モニターに任せればいいのです。

縦と横を使いこなせば、作業効率がアップしますので、マルチモニターであれば短所も補えるというわけです。

縦置きの設置は難しい?

最近では元より縦横にモニターが回転するタイプのものも売られております。そうでないモニターの場合はモニターの軸が回転するアームを取り付けて設置する必要があります。

最初からデュアルモニターの設置を考えているようであれば、DN-914753 デュアルガススプリングモニターアームが便利だと思います。

また、縦置きの設定はウィンドウズのデスクトップ上で右クリックをすれば『画面の解像度』からの設定で行なえます。向きと表示されている箇所で『縦、横、縦(回転)、横(回転)』から選択可能です。

縦と縦(回転)があるのは、右に90度回転か、左に90度回転かの違いになります。モニターの置く向き(配線コードにより考慮)に合わせて、自分の設置状況に合う方を選択してください。

モニターを縦に置くなんて・・・と思うかもしれませんが、マルチモニターでモニターを設置されている人は、是非騙されたと思ってやってみてください。世界観が変ります。