BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

女性YouTuberにオススメなLEDリングライト付きWebカメラがRazerより発売

f:id:bto365:20171103142408j:plain

YouTuberも多様になって、とくに女性YouTuberは少しでも印象を良くしたい人も多い筈です。

動画の印象を良くするにはライティングは非常に大事な要素だと思います。カメラやビデオ撮影でもライティングは非常に重要な要素です。

RazerからLEDリングライト付きWEBカメラが登場

そもそもLEDリングライトって何?という話なのですが、よくアイドルのPV(プロモーションビデオ)等で瞳の中に天使の輪のような光が差し込んでいる映像を見たことがある人も居ると思います。

アニメや漫画などで瞳にキラキラした光が入っていると、非常に可愛く見えるのですが、その効果を現実でも得ることができます。

アイキャッチがあると、表情がイキイキとして見えます。さらに照明による美肌効果も出て、まさに一石二鳥のアイテムです。実は私もカメラのデュフューザーでこれと同じ効果を得られる物を所有しております。

>> マクロリングライト/マクロリングフラッシュ

ポートレート撮影等に使うと表情にアクセントが付けられるので、写真の彩りを広げることができるのです。

まさかWEBカメラに付けるとは

写真撮影などで使用していたリングライトをまさかWEBカメラに付けるとは・・・そんな発想を考えもしませんでした。

しかもそれをRazer社が出すとも思っておりませんでした。WebカメラRazer Kiyoという製品のようです。

気になるお値段は99.99ドルどいうことで、結構な値段がします。確かにWEBカメラと一緒になっているので、カメラを見れば自然とリングライトが瞳に映りこむ仕様となっているので、便利と言えば便利です。

リングライトは自作できないこともない

実はリングライトですが、手間はかかりますが自作できないこともありません。それこそLED照明を買ってきて、リング状に並べて枠型を作って設置して、撮れシングペーパーで上手に覆うだけです。

これは、カメラのストロボのデュフューザーを自作する要領と一緒です。ストロボデュフューザーは、ストロボの照明を利用しますが、自作リングライトはLEDを別途購入する必要があるのが手間であります。

材料を準備して自作する面倒を考えれば、高い機能を有してWEBカメラもついたこのWebカメラRazer Kiyoが99.99ドルで購入できるというのは、魅力的かもしれません。

他のYouTuberと一歩差をつけたいのであれば、十分なアイテムであると言えます。記事の名題に女性と書きましたが、勿論男性にも使用可能です。と、言いつつ、AmazonでUSB接続式のリングライトも見つけたので、リングライトの効果を試したい人は、こちらで実験するのも良いと思います。

>> LED USB充電式 リングライト

この様なアイテムがRazerから発売されるにあたり、ゲーム実況者はビジュアルまで拘らなければならない熾烈な時代になってきたと感じました。

 

www.bto365.net