読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

前作からしっかりとした正当進化を遂げた「Frederic Evil Strikes Back」プレイ感想

f:id:bto365:20170330152108j:plain

音ゲーFrederic Evil Strikes Backをプレイしてみました。

Frederic Evil Strikes Backってどんなゲーム?

前作Frederic: Resurrection of Musicをしっかりと正当進化させた、より快適に遊べる音ゲーになっております。

前作のレビューはこちら

www.bto365.net

Frederic Evil Strikes Backをプレイするには?

CPUはDual core 2.8 GHz以上、メモリ2GB以上、GPUはGeForce 7800以上となっております。前作と同じスペックで遊べるので、前作が快適に遊べた人には問題なく遊べます。

Frederic Evil Strikes Backの良いところ、悪いところ

Frederic Evil Strikes Backの良いところ

  • 相変わらず曲が良い
  • 前作よりはEASYに歯ごたえがでておりますが、クリアできない難易度ではありません
  • 音符に色々な種類が増えたので、前作をプレイしていた人でも新たな気持ちで楽しめます
  • 日本語字幕にも対応し、隙が無くなりました

Frederic Evil Strikes Backの悪いところ

  • 相変わらず操作を覚えるまでは難しい

総合感想

f:id:bto365:20170330152117j:plain

前作のFrederic: Resurrection of Musicの続きから開始し、ショパンを操り、色々な敵とミュージック対決をしていくところは変わりがありません。

しかし、画面上に降ってくる音符の種類が増加したため、より一筋縄ではいかなくなりました。しかし日本語に対応したため、かなりプレイしやすくなっております。

 

f:id:bto365:20170330152130j:plain

キーコンフィグやヘルプなどもあり、かなりユーザーフレンドリーな内容になっております。難易度もEASYからショパンモードまで選択できますので、何度も何度も繰り返し楽しむことが可能です。

相変わらず慣れるまでは鍵盤を操作することが難しいのですが、なれてくればビートマニアのように派手に楽しめることうけあいです。値段は前作よりも上がっておりますが、譜面の難しさなどやりごたえも増しておりますので、音ゲー好きなら購入しても損は無いと思います。

 

f:id:bto365:20170330152140j:plain

一作目とのバンドルでのセールなども行われていることもあるので、もし気になってもすぐには購入しなくても良いという人はSteamのセール時期を狙うと、かなり安価で購入できるためオススメな音ゲーです。

曲は間違いなく良曲ばかりです。それはそうですショパンの曲なのですから(笑)ショパンの曲が好きではない、音ゲーが好きではないという人でしたらオススメはしませんが、音ゲー好き、ショパンの曲好きでしたらハマること間違いなしのゲームです。

 

f:id:bto365:20170330152149j:plain

前作の爽快感をしっかりと受け継ぐだけでなく、しっかりと正当進化して、よりゲーム性も爽快感も増した良作だと思います。ある意味ストーリーなどを気にする必要もないので、この作品から購入しても問題なく楽しめるゲームです。