BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Red Dead Online のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20210220132938j:plain

Red Dead Online をプレイしてMSIアフターバーナーを使ってベンチマーク計測をしてみました。

Red Dead Online をプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作(1080p 30FPS動作)スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU: Intel Core i5-2500K または AMD FX-6300以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:Nvidia Geforce GTX 770 またはAMD Radeon R9 280以上
  • ストレージ空き容量:150GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows7、8.1、10(64bit)
  • CPU:Intel Core I7-4770KまたはAMD Ryzen 5 1500X以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:Nvidia Geforce GTX 1060(VRAM6GB)またはAMD Radeon RX 480以上
  • ストレージ空き容量:150GB以上

Red Dead Online をミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20210220132952j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Ryzen 7 3700X、メモリ16GB、グラフィックボードはRTX2070となっております。以前はハイスペックと言ってましたが、もう今のご時世であれば、ハイスペック寄りのミドルでしょう。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

フレームレート

f:id:bto365:20210220133000p:plain

フレームレートは、キャラクターが増えるなどしない限りは60fps以上で表示されております。カクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。キャラクターやオブジェクトが増えると50fpsまで落ち込むこともありました。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20210220133010p:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は5GB~6GB程度となっておりました。4Kとかで無ければVRAM6GBあたりのグラボでも動作できそうです。

GPU負荷率

f:id:bto365:20210220133019p:plain

GPU負荷率はほぼ100%となっておりました。ファンも終始唸りをあげておりました。

メモリ使用量

f:id:bto365:20210220133027p:plain

メモリは起動時に13GBほどの使用量となり、時間経過とともに、安定してきて10GB程度となりました。8GBのメモリでは対応がむずかしそうです。

CPU負荷率

f:id:bto365:20210220133034p:plain

CPUへの負荷は、高いところで40%となっていました。CPUがあまり仕事していない状態になっているようで、ボトルネックが出ているのかもしれません。

Red Dead Online をプレイするためにオススメのゲーミングPC

上述した計測値をもとに、オススメのゲーミングPCを紹介いたします。

ガレリア XA7R-R37

CPUはRyzen 7 3700Xを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 3070を搭載、メモリは16GBを搭載しております。このゲーミングPCがあれば、FHD画質であれば問題無くレッドデッドオンラインを遊ぶことができます。

>> ガレリア XA7R-R37の詳細

ガレリア UA9C-R39

CPUはCore i9-10900Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 3090を搭載、メモリは32GBを搭載しております。4K高解像度の状況でも高いフレームレートが期待できるゲーミングPCです。

>> ガレリア UA9C-R39 の詳細