BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

World War ZのベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20190524122925j:plain

World War ZをRTX2070搭載のゲーミングPCでベンチマークしてみました。

World War Zをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows7以降
  • CPU:Core i3-3220またはAMD A10-5700以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GF650Tiまたは Intel 630またはAMD Radeon HD 5870以上
  • ストレージ空き容量:35GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows10(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-3970以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 960またはAMD Radeon R9 280以上
  • ストレージ空き容量:35GB以上

World War ZをRTX2070搭載のゲーミングPCでベンチマーク

f:id:bto365:20190524122935j:plain

私の所有するRTX2070搭載のゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはRTX2070となっております。

数値の計測中は高画質設定、解像度は1920 ×1080 フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

フレームレート

f:id:bto365:20190524122946j:plain

ゲーム中は、敵(ゾンビ)の表示が多いところは50fps近くまで落ちていました。そうでないところは70fps程度です。カクつくとか違和感のあるところはありませんでした。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20190524123013j:plain
ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は4GB程度でした。ビデオメモリが8GBあるRTX2070の性能が活かしきれていないような状態となっておりました。

GPU負荷率

f:id:bto365:20190524123001j:plain

GPU負荷率は100%に近い90%台となっておりました。ゾンビが押し寄せる場面が多かったので、GPUにかかる負荷も多いのかもしれません。

GPU温度

f:id:bto365:20190524123025j:plain

GPUの温度は70度を超えることは無かったので、安定はしているようでした。ファンも唸るようなことはありませんでした。

CPU負荷率

f:id:bto365:20190524123035j:plain

ゾンビが押し寄せる場面ではCPUも頑張っていたように見受けられます。基本的には50%くらいの負荷がかかっているようでした。

CPU温度

f:id:bto365:20190524123044j:plain

CPUの温度は70度近辺とそれなりの温度になっておりました。高すぎることはなかったようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20190524123052j:plain

メモリには10GB近い負担があったようです。RTX2070があまり仕事をしていなかったのでしょうか?何か設定を変更すれば変わるのか今度試してみたいと思います。

上記のことを踏まえると

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、中画質程度でのプレイ自体は可能であると思います。しかし、ウルトラ画質や4K画質等を考慮するとハイスペック以上のゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

World War ZをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア XT

CPUはCore i7-8700を搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1660Ti(VRAM6GB)を搭載、メモリは16GBを搭載しております。ウルトラ画質等にこだわらなければ十分な性能を発揮するゲーミングPCです。

>> ガレリア XTの詳細

ガレリア XF

CPUはCore i7-9700Kを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2070を搭載、メモリは16GBを搭載しています。メインストレージもNVMe接続の512GBSSDですし、申し分の無い性能です。

CPUの性能も良いので、私のようにボトルネックを気にすることなくRTX2070の性能を活かしきってくれるゲーミングPCです。

>> ガレリア XFの詳細

ガレリア ZZ i9-9900KF

CPUはCore i9-9900KFを搭載、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX2080Tiを搭載、メモリは16GBを搭載しており、勿論メインストレージはNVMe接続の512GBのSSDです。

2019年の最新ゲームでしたら4K画質でも十分対応できるゲーミングPCなので、現状のゲーミングPCを購入して満足を味わえる高い性能を持っています。

>> ガレリア ZZ i9-9900KFの詳細