BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

「Quake Champions」のベンチマークとおすすめゲーミングPC

f:id:bto365:20180622140713j:plain

Quake Championsにリリースのを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Quake Championsをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows 7以降
  • CPU:MD Phenom II X4-945またはIntel Core 2 Quad 6600以上
  • メモリ:8GB以上
  • GPU:AMD R7 240 GBまたはNvidia GT 730またはIntel HD 530以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

推奨動作スペック

  • OS:Windows 7以降
  • CPU: AMD FX-8320またはIntel i5-2400以上
  • メモリ:16GB以上
  • GPU:AMD R9 290またはNvidia GTX 770以上
  • ストレージ空き容量:20GB以上

Quake ChampionsをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180622140728j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は最高画質設定、解像度は1920×1080フルスクリーンモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180622140741j:plain

GPU使用率は試合中は100%に近い状態でした。また、ゲーム起動の際には少しムービーが止まるなどあったので、負荷は高いゲームのようです。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180622140754j:plain

ゲームプレイ中のメモリ使用量は5GBとかなり高いようです。高画質で遊ぶのであればVRAM6GB以上のグラフィックボードが欲しいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20180622140811j:plain

フレームレートは、終始60~120fpsで表示されております。カクつくことも違和感を覚えることもなくゲームはプレイできておりました。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180622140820j:plain

CPUの負荷は高いところでは100%に近いところもありますが、平均すると60%~80%程度となっておりました。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180622140830j:plain

メモリの使用量は9GB近い状況でした。推奨である16GBのメモリは搭載したゲーミングPCが欲しいところではあります。

Quake ChampionsをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ミドルスペック以上のゲーミングPCがあれば、プレイ自体は可能であると思います。しかし、4K画質等を考慮するとハイスペック以上のゲーミングPCは欲しいところであると言えます。

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているので、FHD画質でしたらプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細

ガレリア ZV

GPUはGTX1070Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しています。できればメモリは16GBまで増設した方が良いでしょう。最近のPCゲームでしたら安定した動作が得られるハイスペックゲーミングPCです。

>> ガレリア ZVの詳細