BTO365

BTOパソコン、パーツ、周辺機器、オンラインゲームの情報ブログ

Realm RoyaleにオススメのゲーミングPC

f:id:bto365:20180615133100j:plain

2018年6月5日にリリースのRealm Royaleを快適に楽しむために必要なお勧めゲーミングPCを紹介したいと思います。

Realm Royaleってどんなゲーム?

オーバー〇ォッチみたいな無料対戦ゲームであるPaladinsの中のバトロワゲームから派生したバトルロイヤルゲームです。

ただいまSteamにて無料早期アクセス中となっており、更に最近アジアサーバーも追加されました。

Realm Royaleをプレイするために必要なパソコンのスペックは

最低動作スペック

  • OS:Windows 7以降
  • CPU:Intel(R) Core(TM) i5-2320 CPU @ 3.00 GHz (4 CPUs以上
  • メモリ:6GB以上
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 555以上
  • ストレージ空き容量:5GB以上

Realm RoyaleをミドルスペッククラスのPCでベンチマーク

f:id:bto365:20180615133139j:plain

私の所有するミドルスペッククラスのゲーミングPCで今回動作チェックを行ってみました。計測にはMSIアフターバーナーを使用しております。

ちなみに私のPCスペックはCPU Core i7-4790、メモリ16GB、GPUはGTX1060(6GB)となっております。

数値の計測中は最高画質設定、解像度は1920 ×1080 ウィンドウモードでプレイした状況となっております。

GPU負荷率

f:id:bto365:20180615133150j:plain

GPU使用率は最高画質設定にすると100%近い数値になっておりました。最高画質では高い負荷がかかるようです。

解像度をより高くする4K画質でのプレイを考えると、ハイスペック以上のゲーミングPCが必要な状況となることが想定されます。

ビデオメモリ使用量

f:id:bto365:20180615133201j:plain

ゲームプレイ中のビデオメモリ使用量は2GB~2.5GB程度でした。最高画質でプレイした場合はGTX1050Tiを搭載したゲーミングPCは欲しいところです。

フレームレート

f:id:bto365:20180615133211j:plain

フレームレートは、垂直同期をONにすると60fpsで表示されております。OFFにすると140以上でプレイでき、非常に快適な動作が得られる状況でした。

CPU負荷率

f:id:bto365:20180615133220j:plain

通常設定では、高くありませんが高画質設定にすると70%程度の負荷になるようです。

メモリ使用量

f:id:bto365:20180615133231j:plain

通常、高画質とも7GB程度の使用量となっているようなので、8GBのメモリは搭載するゲーミングPCが欲しいところです。

Realm RoyaleをプレイするためにオススメのゲーミングPC

ガレリア DH

GPUはGTX1050Tiを搭載しており、CPUもCore i7-8500を搭載しております。メモリも8GB搭載しています。動作する環境は十分満たしているゲーミングPCです。

>> ガレリア DHの詳細

ガレリア ZJ

GPUにGTX1060(VRAM6GB)を搭載しており、CPUもCore i7-8700Kを搭載しております。メモリも8GB搭載しているので安定したプレイができるゲーミングPCとなっております。

>> ガレリア ZJの詳細